Tag archives :google

タグ「google」はgoogleに関連する記事を集めています。analyticsやwebmaster tool、adsense、googleマップ等、様々なサービスをwordpressに取り入れましょう。

検索順位を上げるならキーワード調査と検索順位チェックツールは必須ですね。SEOツールGRCや手法の紹介。

コンテンツSEOとして実際に行っている、キーワード調査~記事提案~順位チェックのフローをご紹介します。 1.需要調査(検索キーワードの調査)2.情報のカテゴライズ(検索意図の分析)3.コンテンツの公開 4.継続的な調査(検索順位のチェックツールGRCの紹介)の流れを、実際にキーワードの検索候補を取得しながらまとめたいと思います。

HTTPのままだとchromeにアラートが??やはり常時SSL化の波は避けられない・・・複数サイトを保持しているなら無料で独自SSLが使えるサーバーへの引っ越しも有りですね。

独自SSLで常時SSLサイトが実現できるサーバー、Zenlogic、エックスサーバー、wpXをリサーチ。HTTPのままだと将来的にchromeのアドレスバーに常にアラートが表示される可能性が。高機能なzenlogic(ゼンロジック)月額換算890円の20周年記念プランSが2017年6月30日(金)まで!

企業ブログの効果的な書き方とは?コンテンツSEO超初級編。企業ブログで記事を書く際に気を付けたい事。制作者目線のWEB・SEOライティング。

WEB SEOライティングの超初級編!コンテンツマーケティングが主流となり、自社でサービス紹介、事例紹介などの記事・企業ブログを書く方もかなり多くなったのではないでしょうか。キーワード、ターゲットの設定の考え方や、記事を書く上での注意点をまとめました。

キーワードプランナーが使えない?検索ボリュームが復活した際のGoogle Adwordsの状態。概ね月1ドルで問題なし!

2016年8月頃から順次、各googleアカウントでAdwordsキーワードプランナーの数値の表示方法が変更されてきました。実際に運用を始め、割と低額で数値を再表示することができたのでシェアしたいと思います。月1ドルの料金が継続的に発生していれば問題ないようです。

4.21のgoogle先生『モバイルは友達!』から露骨にアクセスが増大したサイトがあった件について。

4.21のgoogleアップデート以降、露骨にアクセスが増大する管理サイトがありました。 google先生も モバイルフレンドリー!! と声を大にして仰っておりましたが、まさかそこまで影響は無いだろうと思っていました。

構造化データ(microformats.org hAtom)をテンプレートに組み込んでマークアップしたお話。

「updatedがありません」「authorがありません」WordPressの構築では、公式テーマといえどしっかり構造化データに対応していないものも少なくありません。ウェブマスターツールの構造化データをチェックすると大量にエラーが!!なんてことも。microformats.org hAtomに対応するためのコードをまとめてみました。