Tag archives :wordpress設定

wordpressでやっておきたい設定等をまとめています。デフォルトの設定の中にも、SEO対策や、セキュリティ対策になる設定がありますので、是非参考にして下さい。

静的HTMLにwordpressの新着を表示する際に参考にした記事

新規でwordpressを導入ではなく、既存ページはそのままでwordpressをブログ機能として導入しませんか?そのままではHTMLファイルにwordpressの記事一覧を表示することはできませんが、htaccessを変更することでhtmlファイルでもphpを動かし、表示が可能になります。

「工事中」「準備中」「メンテナンス中」呼び方は色々ですが、ページの公開を一時的に中止したいときに便利なプラグイン WP Maintenance Mode

「工事中」「準備中」「メンテナンス中」呼び方は色々ありますが、wordpressのサイトを一時的に非公開にしたい時等に便利なプラグインwp maintenance modeの紹介です。デザイン変更やカウントダウン機能もあり!ログインすれば普通に閲覧できます。

TwentyFourteenの子テーマを作ってみた件!カスタマイズの内容によっては『子テーマ』を作りましょう!

wordpressで既存のテーマをカスタマイズするなら、「子テーマ」がオススメです。親テーマをそのままに、テーマのアップグレードが可能です。子テーマとは?子テーマのメリットとは?PHPファイルをカスタマイズしたいならその前に子テーマを作りましょう。

やっぱりプラグインのカテゴリは細分化した方が分かりやすいね。自分で探すとき。

wordpressのプラグインのカテゴリを見直しました。プラグインにも色々な種類があるので、管理系、ショートコード系、デザイン系等々、分類が必要ですね。パーマリンクやページ構成はSEO対策にも影響します。

画像を拡大表示!でかすぎても大丈夫!jQueryを使ったlightbox風プラグインWP jQuery Lightbox

同じようなプラグインは沢山ありますが、他にもjQueryを使っているなら、light boxもjQueryにすればJavascriptライブラリの競合を回避できます。ウインドウサイズも感知してくれるのでレスポンシブでも大丈夫!

テーマ編集のCSSやPHPを見やすく色分けするプラグイン!Advanced Code Editorで作業効率大幅UP!

ワードプレスのテーマ編集画面は、デフォルトでは色分けされておらず、見づらいものですね。Advanced Code Editorのプラグインを導入すると、PHPやCSSの構文を色分けしてくれるのでプロパティも見やすくなり、効率がUPします!ミスも減りますね!

あなたのauthor・作者リンク、大丈夫??ログインユーザー名を隠して作者URLを変更するプラグイン!

wordpressの作者URLは、そのままログインユーザーアカウントになってしまいます。パーマリンクに自動的に表示されるユーザー名を隠し、任意のURLに変更できるプラグインの紹介です。edit-author-slug