GitHub製のエディタAtomのインストールと日本語化。Windows10でショートカット無し、exeの場所も不明という状態に陥った。

2016.03.26に行いました。
Windows7 64bit > Windows10 64bit にアップグレードした環境となります。

ずっと拒み続けていたのに強制的にアップグレードさせられましたよちくしょう。

最近仕事のツール関連効率化のため、色々試しております。
GitHub製でフリーなテキストエディタ、Atomのインストールから日本語化までの流れを解説。

解説と言うと大げさな位、簡単に行えました。
そう、日本語化までは。。

Atomのダウンロード

https://atom.io/

Github_Atom00

環境によって最適なバージョンが表示されるようになっていると思います。
(Macの人だったらFor Macと出るはず。)

AtomSetup.exe をダウンロードします。
exeを実行!!

Github_Atom
(インストール中)

起動!!

Github_Atom01

Atomの日本語化

このままでは英語環境なので、日本語化したいと思います。

起動後の画面で「Install a package」をクリックするとメニューが展開するので、
OpenInstallerをクリックしましょう。

Github_Atom_03

japanese-menu を検索バーに入力し、「Packages」をクリックすると、候補に出てきます。
そのままInstallをクリック!

Github_Atom_06

これでもう日本語化完了!!

Github_Atom_09

素晴らしい!!開発者様ありがとうございました!!
もう記事にする事も無いんじゃないかと。

そう思ってたら一個ネタが。

一回閉じたら起動できない!!
起動できないというか、exeがどこにあるかわかんない!!

完了と思ったらAtomが起動できませんけど!?

かなり焦りましたとも。
だってショートカットもデスクトップアイコンもツールバーにもどこにもAtomが無いんですよ!!

Atom exe とかでPC検索してもsetup.exeしか出てこないし!!
色々調べたら同じようにショートカットが出来ない人もいるみたい。

Windows10でAtom.exeの場所

Windows7からWindows10にアップグレードしたのですが、インストールしたアプリがProgram Files内に無いってのは知りませんでした。斬新だ!

AppDataフォルダにあるという情報を見つけて探すも、やはり無い。
なんで?と思い、エクスプローラーのアドレスバーに直接\AppData を打ち込んだら表示できました。
隠しフォルダなんですね。隠しファイルにチェックしても出てこない??わけです。

Github_Atom10

C:\Users\013\AppData\Local\atom\app-1.6.0

ユーザー名[013]のトコは自分の名前に置き換えてください。

ふう。
あとはこのAtom.exe を
・右クリックでショートカット作成
・右ボタン押しながらドラッグしてショートカットにする
・右ボタン押しながらタスクバーにドラッグしてピン留めする
とかしておけば大丈夫そうですね。

もしかしてバージョン変わったら同じことしないといけないの?コレ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です