URL(パーマリンク)について

2014.10.27 こちらの記事をグレードアップして重複コンテンツを解消しました!
詳しくはコチラ
headspace2とワードプレス設定で重複コンテンツを解消したお話。

2015.09.27 no category base の代替プラグインを追加しました。
このエントリーで紹介しているno category baseですが、最終更新が2012年で止まっていますので、
同様の効果のあるプラグイン、Remove Category Urlをオススメします。
インストールして、有効化するだけなので、使い勝手も変わりません!


パーマリンク設定。

実はSEO対策にも重要です!!

icons-seo

パーマリンクのオススメ設定と、パーマリンク構造をシンプルにするプラグインを紹介します。

初記事です。
いつも仕事でお世話になっているwordpress。
プラグインの導入もかなり多いのですが、納期も迫っていると調べながらの作業になるので
「あれ、これのショートコードってなんだっけ」
「あれ、このプラグインの設定ってどうすんだっけ」

という事の多いこと多いこと。

ということで、やろうやとうと思っていたブログを始めることにしました。
プラグインの情報から、困った事、ハマったことを記録して行きたいと思います。

記事を探しやすいブログを目指します!!(自分が!!

一般的な企業のコーポレートサイトだと、どうしてもtwenty ten のカスタマイズが多くなるので、思い切ってtwenty fourteenでいってみます。勉強勉強。でないと置いてかれちゃう!

デザインは徐々にカスタマイズしていくぞ!!
そしてそれも日記にするぞ!!

まずはURL(パーマリンク)の階層について

wordpressのインストール直後は、
http://sample.com/?page_id=2(固定ページ)
http://sample.com/?p=1(投稿記事ページ)
という、いかにも「CMSです!」というURLになってますね。
こちらを変えて行きたいと思います。

お世話になっているSEO会社の社長さんから、
一緒に管理しているサイトについて
「階層ごとに記事が増えた方がいいです」
と言われました。

確かに。
http://sample.com/?p=1
http://sample.com/?p=2
http://sample.com/?p=3
http://sample.com/?p=4

と記事を増やしていくだけでは、内容が充実していないと判断されても仕方がないですね。

なので、
http://sample.com/wordpress/1
http://sample.com/wordpress/2
http://sample.com/photoshop/3
http://sample.com/photoshop/4
http://sample.com/web/html/5
http://sample.com/web/css/6
のように、ディレクトリ毎に、カテゴリの種類が分かるような増え方にしていこうと思います。
僕は恩師に「HTMLは情報の整理だ!」と言われていました。
パーマリンクもそうなんですね。

パーマリンク設定を変更する

というわけでダッシュボードメニューから
設定>パーマリンク設定
と進みます。

デフォルトが選択されているので
これを「カスタム構造」に変更しましょう。
そして今回はカテゴリの構造をURLに反映したいので
/%category%/%post_id%
と入力しました。

この設定の便利なところは、カテゴリーの親子関係もURLに反映してくれるところですね。

将来的には
http://sample.com/wordpress/plugin/(プラグインについて)
http://sample.com/wordpress/thema/(テーマについて)
http://sample.com/wordpress/customize/(設定やカスタマイズ)
のような形で記事を増やして行こうと考えてます。
「wordpress」・・・親カテゴリ
「plugin thema customize」・・・子カテゴリ

カテゴリーアーカイブでURLが変になる問題

いや、別に変ではないんですけどね。
無事
http://sample.com/wordpress_blog/plugin/1
でブログが表示されるようになりました。

しかし!

なぜかカテゴリアーカイブをクリックすると
http://sample.com/category/wordpress/plugin
「category」が間に入ってしまうんですね。
http://website-homepage.com/category/
というURLが「見つかりません」となるにも関わらずです。

これはイカンよ君!(と思う人は以下をお読み下さい。
私は
・URLが長くなる
・なんかイヤ(笑)
という理由で以下のプラグインを導入します。

WP No Category Base

プラグイページ

こちらのプラグイン、設定も必要なく、
プラグイン>新規追加>WP No Category Baseで検索>有効化
とするだけです。

これで、記事ページも、カテゴリアーカイブも、
パーマリンク構造が
http://sample.com/wordpress/plugin
となりました。
めでたしめでたし。

Coments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です