あなたのauthor・作者リンク、大丈夫??ログインユーザー名を隠して作者URLを変更するプラグイン!

テーマカスタマイズで使用していると、作者のリンクってありますよね。
あれって、実はユーザー名がそのままURLになっています。

icons-security

つまり、/author/user の場合、「user」でログインできてしまうわけです。
もちろんパスワードが分かればですが、なんか気持ち悪いですね。

大事な鍵の一つを、扉の前に置いとくわけですから。

ユーザー メニューから、「ブログ上の表示名」を変えればOKじゃない?と思うかもしれませんが、実はその名の通り、表示名が変わるだけで、URLはユーザー名のままなんですよね・・・

phpを編集すれば、消すことはできますが、複数名でブログを公開する際には残しておきたいものです。

これはイカン!危険が危ない!!

というわけで、ユーザー名がそのまま反映されちゃう作者URLを変更するプラグインの紹介です。

その名も「Edit Author Slug」プラグインサイト

実装はいたって簡単。

プラグイン>新規追加>「Edit Author Slug」で検索・有効化します。

すると、ユーザー設定の一番下に
EditAuthorSlug
このような設定が追加されています。
もちろん一番上が隠したいユーザー名、次がニックネームとかですかね。
3つ目を選べば、任意の文字をここで選択することも可能です。

さらにさらに!プラグインの設定を変更することで、/author/user のauthorの部分まで変更可能なんです!!

ちょっと怖い話、アクセスの多いサイトを運営してて、google webmastertoolsで404を確認したらユーザー名はどこにも出ていないのに/author/admin > 404 なんて現象があったりするんですよね。コワイコワイ。

変更には 設定>Edit Author Slug から、こんな感じに変更する事が可能です。
EditAuthorSlug02
これで、作者のURLが
/writer/root-013となりました。めでたしめでたし!

EditAuthorSlug03

ログイン画面のセキュリティ強化 Login LockDown や
ログイン状況監視プラグイン Crazy Bone の記事も合わせて参考にしてくださいね!

こちら!! wordpress管理画面への不正アクセスを防止するんだ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策にご協力ください *

コメントの前にご確認ください。なにか不具合などあればtwitterまでご連絡ください

  • コメントは承認制のため、反映・表示までお時間を頂きます。
  • 具体的なエラー画面などがある場合は画像を添付してください。(1ファイルの上限は2メガバイト・3枚までUP可能です。)
  • メールアドレス等の入力も必須ではありませんので入力の必要はありません。お気軽にどうぞ。(冷やかしは止めてね!)
  • コメントや返信があっても通知は届きませんのでご注意下さい。
  • 忙しい時はレスが遅れることもあります。
  • 実作業は行いません。ご依頼の場合はお問い合わせからお願い致します。
  • コメントの回答による一切の不利益および損害に関し、責任を取ることはできません。(実作業をご依頼いただいた場合は別です。)