意外と軽視されてる?カテゴリやタグの説明文を入力して、カテゴリ(タグ)のアーカイブページのディスクリプションに設定する!

2014.10.27 こちらの記事をグレードアップして重複コンテンツを解消しました!
詳しくはコチラ
headspace2とワードプレス設定で重複コンテンツを解消したお話。

以前ご紹介したプラグイン、Headspace2 SEOの応用編です。

以前はTOPページや固定ページ、記事へのタイトル・ディスクリプションを設定する方法をご紹介しましたが、カテゴリやタグを設けるならカテゴリのアーカイブページのタイトル・ディスクリプション、タグアーカイブページのディスクリプションも設定したほうがSEO的に良いでしょう。

icons-seo

でないと、googleのwebmastertoolで「重複コンテンツ」として扱われてしまうからです。

headspace2 SEOを利用すれば、アーカイブをno-indexにすることもできますが、上手く重複させないようにできたので僕はno-indexにはしていません。

まずはカテゴリやタグの説明文を入力しよう!

特に意識しない人も多いかと思いますが、カテゴリやタグには説明文を入力することができます。
ちなみに、twenty fourteenのテーマは、アーカイブページの先頭に表示されるようになっているので、それだけで入力しておく価値はありますよ!奥さん!

こんな風に、入力した情報がアーカイブページで表示されます。

headspace10

headspace11

ディスクリプションに反映し、更に重複対策!

では、この「説明文」をdescriptionとしてっ出力させてみましょう。

設定>Headspace>ページセッティングの「カテゴリ」を
このように設定します。

headspace12

%%category%%
にはそれぞれのカテゴリ名が出力され、

%%category_description%%
にはカテゴリの編集画面で入力した説明文が出力されます。

ただ、これだけだとアーカイブの2ページ目3ページ目が重複してしまいます。そこで、
%%page%%
を入れておけば、ページを進めてもページ数が出力されるので、重複として認識されません。
見た目にも親切ですしね。

このように、Headspace2 SEOでは豊富なメタが用意されているので、上手く利用すれば、タイトルやディスクリプションを重複させずにページを増やして行けるというわけです!!

headspace13

Coments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です