WordPressのカテゴリ・タグについて改めて考える。パーマリンクの優先カテゴリを決められるプラグインの紹介。

WordPressでSEOを意識したサイトを構築するには、「カテゴリ」「タグ」の設計が非常に大切だと思います。
カテゴリーやタグについて改めて考えた事をまとめておきます。
パーマリンクのカテゴリを任意のカテゴリにするプラグインも紹介しています。

最近WordPressでのサイト構築がほとんどメインになっています。
一般的なコーポレートサイトだけでなく、ブログメディアや、ポータルサイトの構築機会も増えてきました。
複数のカテゴリーを選択すると、URLが思うようにならない場合があります。
パーマリンクのカテゴリを任意のカテゴリにするプラグインも紹介しています。

パーマリンク設定について

まず、SEOの観点から、『URLは簡潔で、階層が分かり易いもの』を心がけています。

これについては、「SEO URL 階層」といったキーワードでググってもらえれば参考になる記事はたくさんありますし、
実際管理していて上位化の傾向が強いものはこの部分の施策がしっかり出来ているものでした。

そのために、Wordpressのパーマリンク設定は必ず
/%category%/%postname%
/%category%/%post_id%
のように%category%
を入れる形にしています。

参考記事

ビッグワードで1位を獲得してきた成功事例から学ぶSEO対策のディレクトリ構造|ferret

一方、階層とURLの長さについても気になる記事を見つけたのでシェアさせて頂きます。
Googleで、URLの長さは問題にならないが階層の深さは重要 from SMX Advanced 2015

確かに、深すぎる階層は管理もしにくいですし、必然的に長くなってしまいますね。
自分はディレクトリは多くて3つまで位にとどめています。
3階層もあれば大抵整理できる気がします。

カテゴリーアーカイブから/category/を抜く方法

パーマリンクに%category%を入れると、URLにcategory が追加されたり、テーマによってページ送りに不具合が出たりします。
SEOの観点からも必要のない文字列は消してしまいたい所。

以前は No Category Base というプラグインを利用していましたが、
こちらは2年以上更新がストップしているため、
最近は Remove Category Url というプラグインを利用しています。

Yoast SEO という、SEOプラグインにもこの機能があったりするのですが、こちらは高機能・多機能過ぎるので、
URLからcategoryを取りたいだけなら前述のプラグインが良いでしょう。
(All in one SEO に加え、サイトマップ生成やパンくずナビ生成等など、とにかく多機能なので別の機会に紹介したいと思います。)

カテゴリーとタグの大きな違い

カテゴリとタグの大きな違いはなにか。
言うまでもなく、『階層を持てるか否か?』です。

じゃあ、カテゴリーとタグをどう使い分けるのか??
というのは結構皆さん悩む所なのかなと思います。

ナンセンスな例

僕が自分のサイト含め、色んなサイトを見て感じた「ナンセンスなタグの使い方」を紹介します。

カテゴリにあって、タグにもある

一番ナンセンスなのは、「カテゴリにあって、タグにもある」という状態。
これはあんまり嬉しくないと思うんですよね。
クローラー的にもユーザー的にも。
ほとんど同じ記事の一覧が表示されるだけなので。

一見してなんのタグなのか分からない

あとは、「一見してなんのタグなのか分からない」タグですね。
自分のサイトでいうと『便利!』でしょうか(笑)
「便利なプラグインをまとめたい!」
という思いから作ったタグだったのですが、
ユーザーのスキルや目的とする機能、必要とされる背景によって「便利」さは全く違います。
そのうち無くなるでしょう(笑)

タグが多すぎる・似たようなものが多く、見る気になれない

これも結構あります。
CSSやプラグインで見た目を整形することは出来るのですが、数の多さだけは変えられません。
タグには階層が無いので情報をまとめることも出来ません。
そのため、キーワードの多すぎる・似たようなものが多いタグクラウドというのはどうも好きになれません。

タグが多く必要な場合は、タグをグループ化できるプラグインというのもありますので、使ってみると良いかもしれません。

プラグイン名
Tag Groups 0.19.2
配布元
https://wordpress.org/plugins/tag-groups/

というプラグインが便利でした。
タグクラウドを分類し、タブ形式で表示することができます。
(詳しい使い方はまたの機会に)

タグの上手な使い方

上記の理由から、「タグもカテゴリ同様、設計段階からある程度必要なものを考えておく」
というのは必要だと考えます。
増え過ぎ・類似タグの発生を抑える意味でも。

このブログは大きくわけて
・WEBデザイン >> イラレやフォトショのテクニックや、素材サイト紹介
・wordpress >> カスタマイズ or プラグイン紹介
という分類です。

そのため、
『カテゴリをまたいで紐付けたいキーワード(要素)』
『カテゴリの外にあり、一意なキーワード(要素)』

にタグを使ってあげると良いのかなと思っています。

例えば、『google』というキーワードは
・WEBデザインなら googleフォント
・プラグイン紹介なら analyticsやSEO関連
と、2つのカテゴリをまたいで存在するワードです。

WEBデザインの紹介サイトの構成はけっこう参考になる

WEBデザインの紹介サイトを構築するとしたら、
カテゴリの階層でWEBサイトの業種を

  • インターネット関連
    • 制作会社
    • ポータルサイト
    • ・・・
  • 生活
    • 美容・健康
    • 公共機関
    • ・・・

タグで色やデザインの印象
タグ・赤
タグ・青

といった形が閲覧性も良さそうです。

複数カテゴリに分類した時に発生する問題

パーマリンクを%category%にしたとき、
cat1 cat2 に分類する記事を作ると、URLはIDの若いカテゴリが優先されます。

http://example.com/cat1/entry1
http://example.com/cat2/entry1
のURLが両方存在することはありません。
これは、コピーコンテンツを自動的に防ぐWordPressの強みでもありますが。

上記の理由により、カテゴリを複数設けたい場合は、
最優先となるカテゴリを決めてしまいたいところです。

「必ず使う」カテゴリを一番若いIDにすればよいでしょう。

ただ、SEOを意識して階層を増やして行きたいのなら、それだけでは不十分な場合もあります。

階層を設けるなら、
他の階層にもエントリーが増えないと意味が無い
からです。

SEOも視野に入れるなら、

http://example.com/cat1/entry1
http://example.com/cat1/entry2
http://example.com/cat1/entry3

http://example.com/cat2/entry4
http://example.com/cat2/entry5
http://example.com/cat2/entry6

のように、各階層にエントリーを増やす必要があります。

カテゴリを複数指定しなくても良い分類方法にする
又は、
カテゴリを複数選んでも、URLのカテゴリは任意の物にする
ということが必要ですね。

他にも、
親と子のカテゴリを両方選択すると、親までのURLになるということもあります。

http://example.com/cat1/cat1-1/entry1
にしたい場合、
cat1は選ばず、cat1-1だけ選ばなくてはいけません。
※子カテゴリだけ選んでも、cat1のアーカイブには表示されます。

話がちょっとそれましたが、
通常は複数カテゴリを選んでも、任意の優先順位を決めることはできません。

そういった操作が可能になるプラグインを紹介します。

任意のカテゴリURLを設定できるプラグイン

プラグイン名
WP Category Permalink
配布元
https://wordpress.org/plugins/wp-category-permalink/

パーマリンク設定に%category%を入れ、複数のカテゴリを選択すると若いIDのカテゴリがURLになります。

このWP Category Permalinkは、複数選んだカテゴリのどれをURLにするか選択できます。
操作は至って簡単。

インストールして有効化すると、
編集画面のカテゴリメタボックスでカテゴリにマウスオンしたときに【permalink】と表示され、クリックするとカテゴリが太字になります。

primaly-category

このカテゴリがIDの若さに関わらずURLに反映されます。

『他のカテゴリにも属するから、そっちのアーカイブにも出したいんだけど、URLはこっちにしたい』

なんて時にスゴク便利です!

まとめ

このカテゴリ・タグ。
WordPress構築の際に一番構成を練る部分かもしれません。
SEOにも影響するので。

カテゴリ操作系のプラグインというのも結構ありますね。

・親カテゴリを選択させない
・カテゴリ選択を必須にする
・カテゴリ選択をラジオにする
といった機能を持つ『Adjust Admin Categories
(自分の環境ではカスタム投稿・カスタムタクソノミーで上手く動きませんでした)

前述の優先カテゴリを決定できる
Slightly troublesome permalink
(自分の環境では管理画面で不具合が出ることがありました)

どちらも日本の方が作成したプラグインで、導入したこともあります。
非常に便利なのですが、注意点もあるので今回はお名前だけの紹介とさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です