高機能・多機能のWordPress プラグイン Yoast SEO おすすめの機能や設定の紹介

WordPressで鉄板のSEOプラグインといえば、今は「All in One SEO Pack」とこの「Yoast SEO」ではないでしょうか。

インストール・有効化するだけでそれなりに使えるAll in One SEO Packと違い、Yoast SEOは多機能過ぎで難しい・ややこしいと感じる人も多いでしょう。

デフォルトでは機能が制限されているYoast SEO ですが、設定を変更することで様々な機能が使えるようになるので、パンくずナビやxmlサイトマッププラグインが不要になることもあります。

今回は最低限押さえておきたい設定などをご紹介していきたいと思います。

キーワード調査から順位監視まで一括でやってくれるおすすめのSEOツールはこちらでご紹介しています。
おすすめのSEOツール

Yoast SEO とは?代表的な機能

多機能で、SEOに関する機能ならこのプラグインですべて賄えるといっても過言ではありません。

プラグイン名
Yoast SEO
配布元
https://ja.wordpress.org/plugins/wordpress-seo/

Yoast SEOには、All in One SEO Packにない機能が多数あります。引き合いに出していますが、All in One SEOも非常に良いプラグインです。

xmlサイトマップ生成機能
URLから/category/の削除
パンくずナビゲーション機能
添付ファイルページ
/?attachment_id=ID
/sample.com/cat/post-4533/attachment/IMAGE NAME
などを無効にしたりリダイレクトしたりする機能

など、いずれもその機能独自のプラグインがあるような代物です。

そのため、Yoast SEOを入れることによって、
・no category base / remobve category url
・google xml sitemap
・Breadcrumb Nav XT
・Attachment Pages Redirect
などといったプラグインが必要ではなくなります。パンくずについては上記プラグインの方が詳細な設定が可能な面もあるかもしれません。

Yoast SEOの全ての機能を使うには

フローに答えて簡単に設定する方法もあるようです。自分は試していませんが、SEOやワードプレスに慣れていない場合はこちらでもよさそうです。

(ダッシュボード > 全般 > 設定ウィザード)
yoast-SEO

サイトのタイプ(ブログor ECサイトなど)に答えていくと、適切な設定をしてくれるようです。
yoast-SEO yoast-SEO

全ての機能を有効にする方法

全ての機能を詳細に設定するには、拡張機能を有効(デフォルトでは無効)にする必要があります。

プラグインをインストール後、有効にするとYoastのメニューが追加されます。

ダッシュボードより、【機能】タブの【詳細設定ページ】を有効にしましょう。
Yoast SEO 全機能を有効に

ちなみに、タブ間を行き来する際に設定も保存される仕様のようが、保存もお忘れなく。

有効にすると、ダッシュボードのメニューにも、
・タイトル&メタ
・ソーシャル
・XMLサイトマップ
・高度な設定
・ツール
などが追加されます。

ソーシャルは、FacebookのOGP設定などですがそのままでも良いかもしれません。

タイトル&メタ
XMLサイトマップ
高度な設定

についてはSEOだけでなく、WordPressの仕様などと絡む部分なので解説したいと思います。

Yoast SEO 「タイトル&メタ」メニュー

タイトル&メタメニュー

タイトル&メタ メニューでは、全般的な設定や投稿タイプ、タクソノミーなどでデフォルトのタイトル(titleタグ)説明文(meta description)、ロボット(noindex)の設定を行います。
yoast seo タイトル メタ設定

「タイトルのテンプレート」には初期設定で変数が埋め込まれているので、特に変更は必要ないかもしれませんが、
(?)ヘルプセンター > 基本変数 にある変数を見ながら変更も可能です。(カテゴリなど、アーカイブで使うものも含まれています。)

また、Yoast SEO メタボックスというのは、実際に投稿編集画面などでタイトルやディスクリプションを独自に設定する部分です。「Yoast SEOの使い方」の部分で後述したいと思います。

meta description (ディスクリプション)の注意点

デフォルトでは、メタディスクリプションが空欄です。このままでは、meta desriptionは生成されません。

自動生成にするには、%%excerpt%%としておくことをおすすめします。

yoast seo 基本変数 投稿

こうしておけば、本文(おそらくmoreの前)を自動でdescriptionにしてくれます。(抜粋があれば抜粋を表示)

ページのHTMLを確認してみましょう。
<!-- This site is optimized with the Yoast SEO plugin v5.0.2 - https://yoast.com/wordpress/plugins/seo/ -->
<meta name="description" content="WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !"/>

ちなみに、OGの方は最初から自動設定されます。

<meta property="og:description" content="WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !" />

カテゴリーやタグも同様に、%%category_description%% とすると、カテゴリーの説明文をdescriptionとして設定してくれます。

yoast seo 基本変数 カテゴリ

yoast seo 優先タグ

yoast seo カテゴリ 説明
カテゴリの説明を入力すると、descriptionにしてくれる

カテゴリーの説明でビジュアルエディタが使えるようになります。

さらに、おまけ的な機能なのですが、Yoastを入れると、カテゴリーの説明でビジュアルエディタが使えるようになり、画像なども挿入しやすくなりますね。

階層構造で、上位の内容を充実させるためには役立つ機能です。カテゴリーのアーカイブページを投稿感覚で使えるようになりますからね!

yoast seo カテゴリ 説明 拡張
カテゴリの説明文にビジュアルエディタが!!

任意の投稿タイプやタクソノミーを追加した場合は、メタメニュー内に同じような設定ボックスが追加されるので、そのようなカスタマイズにもきちんと対応しています。

メディア・添付ファイル関連、場合によって作者や日付アーカイブはnoindexや無効にするのがおすすめ

メディアページ(添付ファイルのページ)などは、アップロードすると自動で生成されるものなので、意図せずインデックスが増えることがあります。
/?attachment_id=
/attachment/imagename
特にこれらのページを使うことが無ければ、noindexで良いと思います。

Yoast SEO メディア設定

著者や日付アーカイブも同様で、運営する人が一人なら、作者のアーカイブにはほとんど意味がありません。無効や、noindexでもよいでしょう。
Yoast SEO 日付アーカイブ

アーカイブを無効にすると、アーカイブ自体が無くなります。例えば、/2017/などで表示されるはずの日付アーカイブが404になります。
有効・無効 / index ・ noindex は注意して設定しましょう。

「アーカイブさせたいけどindexさせたくない」といった要望にも応えられるようになっているのがこのプラグインのすごい所です。

Yoast SEO
無効にすると、アーカイブヘージ/author/が無効に

ページ送りの2ページ目以降をnoindexに

現在のSEOでは低品質だったり類似したページが多数存在することを良しとしません。このような理由から、2ページ目以降をnoindexにすることもあります。

Yoast SEO
2ページ目以降をnoindexに

Yoast SEO 「XMLサイトマップ」メニュー

サイトマップ設定では、タクソノミーや投稿タイプごとに、こまかくサイトマップに含めるか否かを設定できます。これも、このプラグインの素晴らしい点です。

分類を追加したけどサイトマップに入れたくないときは、ここを設定しましょう。
たとえば、メディアやフォーマットをサイトマップに入れないといった設定ができます。

Yoast SEO 「高度な設定」メニュー

高度な設定メニューで特筆すべき点は、
・パンくず
・/category/削除
・添付ファイルページのリダイレクト
です。

パンくずナビ

有効にすれば、PHPでパンくずナビの出力が可能です。

yoast-SEO

区切り文字などの変更や、投稿のパンくずに「カテゴリを出すかタグを出すか」など、選択することもできます。

/category/削除

通常は/category/未分類 といった形になりますが、「削除」に設定することで/未分類 のような形に変更できます。

また、
/sample.com/cat/post-4533/attachment/IMAGE NAME
のようなURLにアクセスした際、添付ファイルではなく投稿にリダイレクトしてくれるようになります。

Yoast SEO URL 添付ファイルページ リダイレクト

Yoast SEO ツール(インポート エクスポート)

Yoast SEO ツール機能

ツールメニューから、設定のインポート・エクスポートも可能で、以前Head Space2 SEOからのインポートを試したことがあります。

他にも、以下のプラグインからのインポートが可能で、これも他のプラグインには無い機能ではないでしょうか。
All-in-One SEO
WooThemes SEO
wpSEO

タイトルやディスクリプションをインポートすることができましたが、バージョンの差異や、どこまでサポートがあるのかはわかりません。バックアップを取って行うのがよいでしょう。

Yoast SEO ツール機能 他のプラグインからインポート

Yoast SEO の使い方

ここまで設定を行えば、あとはAll in One SEO Packなどと同じ感覚で利用することができると思います。

Yoast SEO メタボックス

投稿編集画面、メタボックスを有効にしていればカテゴリーやタグの編集画面でも、以下の画像のような「メタボックス」を利用することができます。

Yoast 投稿メタボックス

特に入力しなければ、タイトル&メタ メニューで設定した変数によって生成されます。

記事タイトルと、titleタグの中身を変更したい場合などに有効です。僕自身は、
・記事タイトルはサイト内で目を引きやすい / 内容を推測しやすいものに。
・titleタグは検索結果に表示される文字数制限があるので全角30字程度でユーザーに訴求できるように。
といったことに気を付けています。

※注意点
他のSEOプラグインだと、メタボックスに入力した内容と、サイト名などが自動で表示されるでしょう。しかし、Yoast SEOの場合、メタボックスに入力した文字以外にはtitleに表示されません。(表示されるような設定があったら是非教えて下さい)

他のプラグインからインポートした際に、「〇〇〇〇〇〇 | Root-013」が 「〇〇〇〇〇〇」 のみになってしまうことはあり得ます。
この点だけがこのプラグインで納得の行かない部分です。例えば、サイト名に重要キーワードを含め、それを考慮してタイトルを設定していた場合などは、過去記事の修正が必要になるかもしれません。

この問題が無かったら、すべてのサイトでYoast SEOを使っています。

サイト名を表示させたい場合は、| Root-013 を直接記入するか、メタボックスに %%sep%% %%sitename%% を入力すると、それぞれ区切り文字や一般設定のサイト名に置き換わります。

後からサイト名を調整することもないとは言えないので、このようにした方がよいでしょう。

他にも、ソーシャルのOG設定を投稿ごとに変更できる機能
twittee FacebookのOG情報を変更可能

ロボット(index follow)やカノニカルURL(クロスドメイン対応)などを変更できる機能
独自のnoindexなどはこちらで設定

様々な機能を使うことができます。

Primary カテゴリー(優先順位)

なにげに嬉しいのがこのカテゴリの優先順位を決められる機能です。

パーマリンク設定でURLを/category/post-name などにしている場合、URLやパンくずに表示させるカテゴリは任意のものにできないケースがあります。

こちらの記事も参考にしてください。
カテゴリ・タグについて改めて考える。パーマリンクの優先カテゴリを決められるプラグインの紹介。

同階層のカテゴリを複数選択した場合、IDの若いものがURLになります。これを防ぎ、任意のカテゴリをURLやパンくずに表示してくれるのがこのPrimaryカテゴリー機能です。
※パンくずについては、Yoastのパンくず機能を導入している場合のようです。

添付画像の場合だと、優先を決めなければURLは
/WordPress/プラグイン/SEO対策系/post-name
となりますが、「プラグイン」をPrimaryにした場合は、
/WordPress/プラグイン/post-name
となり、階層も関係なくURLやパンくずに表示するカテゴリを変更できます。

Yoast SEO まとめ

・xmlサイトマップ機能
・パンくずナビ機能
・Facebook twitter OG設定
・低品質コンテンツ(アーカイブ)のnoindexや無効化
などなど。

Yoast SEOは、他のSEO系プラグインにはない機能が盛りだくさんのSEO全部乗せプラグインと言ってもよいでしょう。

とっつきにくい点や、注意が必要な点も多いですが、サイトの状態をチェックしながら色々と試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です