各種SNSに記事公開と同時に自動投稿してくれるプラグイン Social Networks Auto Poster

以前ソーシャル連携系のプラグインで
WP Social Bookmarking Light
Tweet, Like, Share and Google +1

等を紹介させて頂きました。
詳しくはソーシャル連携系プラグイン一覧で

icins-twitter

これらのプラグインは言ってしまえば「ソーシャルボタンを配置するプラグイン」なわけです。

今回紹介するのは

公開と同時にSNSにも投稿する

プラグインです。twitterとの連携方法について解説して行きたいと思います。(その他のSNSは未検証ですが、おそらくapiの設定は必須だと思います。)

Next Scripts: Social Networks Auto Poster のダウンロード

プラグイン名
Social Networks Auto Poster
配布元

プラグイン>新規追加>Social Networks Auto Poster等の検索で表示されます。

有効化すると設定メニューの中に{SNAP}Social Networks Auto Posterが表示されます。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_04

SNSと連携するためには

まずはAPIキーやアクセストークンが必要になります。
Social Networks Auto Poster 設定の前に取得しましょう。

twitter api

twitterにログインした状態で、
https://apps.twitter.com/
にアクセスしましょう。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_01

Create New App

ボタンから新しいアプリの作成に入ります。

Create an application 新しいアプリを作成

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_08

Name アプリの名前で、ダッシュボードにも表示される名前です。
ユニークなもので、文字制限があります。

Description アプリの説明文です。文字制限があります。

Website利用するサイトのURLを入力します。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_11

利用規約を承認してアプリの作成は完了です。

Keys and Access Tokens メニュー

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_14

作成が完了すると、API key 、API Secret が生成されます。
この二つは後ほどプラグインの設定に使用します。

アクセストークンの生成

API key とは別に、アクセストークンも必要になります。

Create New access token

ボタンを押さないと生成されないので注意しましょう。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_17

Consumer Key (API Key)

Consumer Secret (API Secret)

Access Token

Access Token Secret

4つがそろったら最低限の準備は完了です。

Social Networks Auto Posterの設定

WordPressダッシュボードに戻ります。

設定>{SNAP}Social Networks Auto Poster

から、twitterとの連携をして行きたいと思います。

Your Social Networks Accounts でSNSアカウントとの連携

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_20

Add new Account からSNSを選び、apiの連携設定を行います。今回はtwitterだけですが。

ちなみに、

Setting メニュー・・・
自動投稿や権限、カスタム投稿やカテゴリのinclude / exclude 短縮URLを使えるようになる URL Shortener メニュー以外はデフォルトで問題ありませんでした。

その他、Log/History Help/Support 、管理画面からソーシャルに投稿する New Post Sosial Network メニューもありますが、今回は特に検証していません。
便利そうですが、自動投稿が目的なので今回は特に触れません。

API key アクセストークンの入力

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_23

ポップアップウィンドウが立ち上がるので、Add New Network:のtwitterを選択します。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_26

twitter apiで取得した前述の4つのキーを入力していきます。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_30

こんな感じになります。

Attach Image to Twitter Post
・・・チェックするとアイキャッチor投稿の最初の画像をツイートに挿入

Message text Format
・・・タイトルやURL、タグ・カテゴリ等々、パーマリンク設定のパラメーターの様に色々設定できます。

twitterに投稿の短縮URLを入れたい場合

こちらは新たな設定が必要です。

今回はgoogleのAPIを利用する方法で行きます。

google api

任意のアカウントにログインしている状態で、

https://console.developers.google.com/project
にアクセスします。

SocialNetworksAutoPoster08

twitterの時と同じように、新しいプロジェクト(アプリ)を作成します。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_36

プロジェクト名を入力します。

IDは自動で生成されるようですね。

利用規約に同意してプロジェクトを作成しましょう。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_36

ダッシュボードにリダイレクトされます。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_40

URL Shorterner APIの有効化

APIと認証 > API をクリック すると、利用できるAPIがずらーっと表示されますが、
右下の URL Shorterner API が今回利用するAPIです。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_42

ここをクリックし、URL Shorterner API を有効化しましょう。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_45

google API keyの取得

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_49

APIと認証 > 認証情報をクリックします。

新しいキーを作成 > サーバーキー とクリックしていきます。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_52

サーバーのIPを入れることもできるようですが、特に入力せずに作成しても「任意のIPを許可」ということでAPIキーを使うことができます。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_56

サーバーアプリケーションのキー APIキーが生成されます。

Social Network Auto Poster の Settingメニュー

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_68

設定 > Social Network Auto Poster > Setting

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_71

URL Shortener の項目で、goo.glを有効にし、google APIキーを入力して保存しましょう。

ツイートテンプレートを変更

設定 > Social Network Auto Poster > Show settings
でツイートのテンプレートを変更できます。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_64

デフォルトでは、%TITLE% %URL% となっていますが、%SURL%に変更すると短縮URLをツイートするようになります。

記事を編集し、再度ツイートしたい時

公開後、記事を更新することもありますが、投稿を更新してもツイートはされません。
再度ツイートしたいときは、

Repost to Twitter

のボタンを押すことで再度ツイートすることができます。
投稿編集画面にツイッターに関するメタボックスが追加されているので、そちらから行いましょう。

NextScripts-Social-Networks-Auto-Poster_75

まとめ

如何でしたか?APIキーを入手するのは英語のページなので分かり難い部分もありますが、英語力のない僕でも大丈夫だったのでいけると思います!!
ちなみに、このサイトでは利用しておりません。

はてなブックマークを起点に、はてなとtwitterを連携してツイートしている感じですね。
はてなブックマークが必要かどうかはメディアによると思うので、はてなを考慮しなければこっちのプラグインの方が便利だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です