【まさ 様】存在しないWordPressページへのアクセス増加について

存在しないWordPressページへのアクセス増加について、Googleアナリティクスでフィルタリング(セグメント設定)する方法をご紹介します。


WordpressのSEO対策ならRoot-013 Root-013ではWordPress・SEO対策・アフィリエイトなどサイト運営に関するご質問に無料でお答えしております。
WordPress 無料相談 アフィリエイト SEO 無料相談 無料!WPインストール代行・集客サポート

存在しないWordPressページへのアクセス増加について

root-013さま
私、企業コーポレートを社内管理している担当者(初心者)のものです。
今月に入りコーポレートサイトのPVが急激に増加たので原因を調べたところ存在しないWordPressページへの国内からのアクセスが急増していました。
過去に海外からのリファラースパムでアクセスが急増したことはありましたが、今回は初めての経験で原因が分かりませんので、原因と対策をご教授頂けたら幸いです。

よろしくお願い致します。


>まさ 様
ご相談ありがとうございます。

アナリティクスのスパム対策には頭を悩ませますね。
「存在しないページへのアクセス」となると、考えられるのはGoogleアナリティクスタグ(UA-XXXXXX)がスパムサイトに記載され、スパムサイトのページのPVが計測されているケースなどがあります。

別のサイトのPVなのに、自社のアナリティクスタグがあるので自社サイトのアクセスとして計測されている状態ですね。
アナリティクスタグはHTMLを表示させれば誰でも見ることができてしまいます。

国内からのアクセスだとフィルタもしづらいのが難点です。

以下、解析データに”セグメント”を設ける方法について解説します。

1.管理>セグメント

アナリティクス左サイドの歯車アイコン(管理)>セグメント を選択します。

管理>セグメント

2.新しいセグメントの作成

「新しいセグメント」を選択
新しいセグメント

条件 > 「ホスト名」 > 「完全一致」>自サイトのドメイン > セグメント名を設定して「保存」

ホスト名
ホスト名検索

完全一致・ドメイン入力

分かりやすいセグメント名にする

セグメント名は後で選択するので分かりやすいものにしましょう。

解析データにセグメントを設定する

そして、PVなどの解析データをチェックする際に、セグメントを指定することで「自サイト以外のアクセス」を除外できる仕組みです。

セグメントを追加すれば、全てのユーザーとセグメントに該当する数値を比較することも可能です。
セグメント選択

セグメント選択
セグメント選択

「すべてのユーザー」のチェックを外し、ホスト名セグメントのみを選択すれば、差ではなく適正データのみをチェックすることができます。

ホスト名セグメント
ホスト名セグメント

スパム自体を対策することができないのが悩ましいですが、こういった対策しかないのが現状です。
参考にして頂ければ幸いです。

おすすめコンテンツ

コメントをどうぞ

    1. >まさ 様
      コメントありがとうございます。
      また何かあればご相談下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントの前にご確認ください。

  • コメントは承認制のため、反映・表示までお時間を頂きます。
  • メールアドレス等の入力も必須ではありませんので入力の必要はありません。お気軽にどうぞ。(冷やかしは止めてね!)
  • コメントや返信があっても通知は届きませんのでご注意下さい。
  • 忙しい時はレスが遅れることもあります。
  • 当ページによる一切の不利益および損害に関し、責任を取ることはできません。