【リス様】WordPressのデータベース置換プラグインといえばSearch Regex

WordPressのURLやコードの一括置換の方法についてご質問頂きました。ワードプレスの置換プラグイン『Search Regex』についてご紹介します。

1.別サイトからWordPressへの移行・引っ越し
2.SSL対応(httpからhttpsにするなど)
3.任意の文字やショートコード・HTMLソースを含む記事を検索・修正
といった作業で役に立ちます。注意点や使い方・利用例などをご紹介します。


WordpressのSEO対策ならRoot-013 Root-013ではWordPress・SEO対策・アフィリエイトなどサイト運営に関するご質問に無料でお答えしております。
WordPress SEO対策 アフィリエイト 無料相談

Search Regex プラグイン

WordPress Search Regex 01

Search Regex
https://ja.wordpress.org/plugins/search-regex/

インストール・有効化するとツールの中にSearch Regexが追加されます。

ちなみに、RedirectionというプラグインはURLが変更になった際に、旧URLから新URLにリダイレクトできるプラグインです。
古いURLから新しいURLにリダイレクトするWordPressプラグイン Redirection

Search Regex の使い方

Regex というのは”正規表現”のことで、単純に文字列と文字列を置換するだけでなく、例えば/cat01/の後に何かが来る場合は・・・といった指定もできるはずですが、そのような機会がなかったので利用したことはありません。

置換作業の前は、必ずデータベースのバックアップを行いましょう。

単純に
1.Search patternに文字列を入れ、
2.Replace patternに文字列を入れ、
3.Replace & Save をクリック
すると、1の文字が2に置換(Replace)されます。

WordPress Search Regex 03

デフォルトでpost contentが選択されていますが、これが記事編集画面のビジュアル/テキスト エディタ内にあたります。(固定ページもこれに含まれる)

検索・置換場所指定

なので、もし抜粋内を検索・置換したい場合はpost excerptを選択しましょう。

SSL対応(httpをhttpsに)

SSL対応の場合は、httpをhttpsに置換することになります。

なので、Searchに http、Replaceに httpsを入力して・・・

WordPress Search Regex 04
(悪い例)

置き換えると大変なことになるのでやめましょう!!

なぜなら、記事内で紹介していた外部サイトのURLなんかも無理矢理SSL対応させてしまうからですね。

きちんと全てのURLを含む形にしましょう。
まずは「Search」の青いボタンを押し、下に出てくる候補を確認し、問題がなければReplace & Save を行いましょう。

アドレスを入力

view から記事のページ
edit から記事の編集画面
に直接アクセスして編集することもできます。

例えばアフィリエイトなんかだと、〇〇という商品名を扱っていた記事を表示して編集したい・・・なんて「Search」だけの使い方もできるわけですね。

商品名だと通常の検索でも表示できますが、ショートコードやHTMLコードは検索できません。ショートコードを作って表示している時なども便利だと思います。

view edit で確認

Post # XXXX は記事のIDにあたります。これが同じ数値 = 同じ記事内の別の文字列ということになります。

URLの置換(画像パスなど)

画像パスの置換は、ちょっと応用編になることもあるでしょう。

特に別サイトからの移転では、URLの途中に/wp/といったWordPreesディレクトリを含めたいといったケースも出てきます。

http://example.com

http://example.com/wp/

に置き換えるだけでは、内部リンクまでも/wp/付きに変更してしまうことになります。

このような場合は、
◆旧サイトの画像パスはどうなっていたか
◆新サイトの画像パスはどうなるのか
をしっかり確認した上で置換を行いましょう。

また、

<img src="XXXXXXX

だと

<img class="aaa" src="

のようにclassが入る場合マッチしなくなります。

『src=””』付で指定すれば、imgタグの中だけを置換することができるでしょう。

uploadディレクトリにimgディレクトリを作って旧サイトの画像を全て格納した場合

src="https://example.com/images/

を検索し、

src="https://example.com/wp/wp-content/uploads/img/

に置き換える・・・

といった形になるでしょう。

置換作業 まとめ

このように、前後のソースを加味することで希望のソースだけを置換できるようになります。

くれぐれも、
◆バックアップを取る
◆古いURL・ファイルパスのパターンを確認
◆新しいURL・ファイルパスのパターンを確認
という工程を取り、どう指定するのが最適化を考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントの前にご確認ください。

  • コメントは承認制のため、反映・表示までお時間を頂きます。
  • メールアドレス等の入力も必須ではありませんので入力の必要はありません。お気軽にどうぞ。(冷やかしは止めてね!)
  • コメントや返信があっても通知は届きませんのでご注意下さい。
  • 忙しい時はレスが遅れることもあります。
  • 当ページによる一切の不利益および損害に関し、責任を取ることはできません。