XAMPP要らず!Instant WordPressでWPのローカル開発環境を簡単に構築!構築できない場合の解決法なども紹介。他、InstantWP内に複数WordPressをインストールするフローなど。

Wndows10でxamppも要らず、フォルダごと開発環境を持ち運べるInstant WordPressを試してみました。

Instant WordPressの起動ができない

Instant WordPressを複数作りたい

という場合の方法も解説しています。

Instant WordPress とは

WordPressの開発環境をローカルに作るとしたら、通常xampp(windowsなら)をインストールしたりDBを構築したりと、慣れない人には結構手間だったりします。

Instant WordPress はフォルダ単位で開発環境を管理でき、フォルダの移動とかも可能で、試したところGoogleドライブに入れても問題ありませんでした。

本当はGoogleDriveに入れてEditey(GoogleDrive上で使えるHTML/CSS/PHPエディター)を使えばクラウドで全部できるんじゃない!?と思ったので挑戦してみたのですが、さすがにドライブ上では反映が遅すぎて使い物になりませんでした。試してないけどクラウドでWordPressやるならCloud9?とかの方が良さげかと。

けど、開発環境を持ち運べるってのは十分すごいことだと思います。

Instant WordPress のダウンロード・インストール

InstantWP_03
http://www.instantwp.com/

皆さんが3分でできる!5分でできる!と仰ってるというのに、、

出ました。
InstantWP_07
「このページは表示できません」
同じ状況になった方は後述の「起動できない場合」をご覧ください。

InstantWP_[Ver No].exeの起動

基本的にはダウンロードした「InstantWP_[バージョンNo].exe」をダブルクリックし、
展開先のフォルダを選ぶだけでOKです。

InstantWP_11

展開したフォルダ内のInstantWP.exeを起動

セットアップのexeを起動すると、InstantWP_[バージョンNo]というフォルダができます。
このフォルダがもう開発環境になっています。(xamppフォルダのようなものと考えてよいかと)

InstantWP_15

InstantWP.exeを起動すると、こんな画面が。
InstantWP.exeが動いている状態でないと、WordPressが動かないので注意しましょう。

InstantWP_19

「WordPress Admin」はあくまでプリインストールされている
WordPress(iwpserver\htdocs\wordpress)の起動(しかもIEで)なので、

http://127.0.0.1:4001/wordpress/

がプリインストールされているワードプレスのアドレスになります。

・日本語WordPressを動かしたい
・WordPressを複数動かしたい
という場合は下記を参考にしてください。

日本語版もしくはWPを複数インストールするフロー

日本語版をインストールするフローは、そのまま複数インストールフローに応用できます。

Instant WordPress が起動できない場合

もし、ここまででまず起動が出来ていないという方は、
フォルダの展開先に注意です。

色々試しました。
・ドライブ直下にInstantWPのフォルダを置けばいい
という情報も見かけたのですが、恐らく単純に
「日本語フォルダ内にあると動かない」
かな~と思いました。

例えばGoogleドライブはアプリを入れるとデフォルトで「Googleドライブ」フォルダになってしまうので、自分はわざわざインストールし直して同期フォルダ名を「GoogleDrive」に変更しました。

C:\Users\013\Googleドライブ\InstantWP_4.5\instantWP.exe
C:\Users\013\Documents\フリーソフト\InstantWP_4.5\instantWP.exe

といった階層では動きませんでした。

C:\Users\013\GoogleDrive\InstantWP_4.5\instantWP.exe

なら動きます。
パスに日本語が入っていないか確認してみましょう。
[013]は自分のユーザー名に変えてね!

展開先が違っても、さすがInstantWordPress!
フォルダごと移動するだけで解決です!

phpMyAdminで新しいDBを作成

Instant WordPress が起動した状態で
InstantWP_19

MySQL Admin をクリックすると、phpMyAdminのログイン画面になります。
(ただ、IEで開くので嫌な方はアドレスをコピーして任意のブラウザにはっつけましょう。)

http://127.0.0.1:4001/phpmyadmin/

ユーザ名はroot
パスワードはなし。
InstantWP_23

データベースを作成します。
InstantWP_26
DB名:test(任意)
接合順序:utf8_general_ci

日本語版をダウンロード

https://ja.wordpress.org/
から日本語版をダウンロードします。

展開したwordpressフォルダは名前がwordpressのままだと被るので、
ディレクトリ名をWordPressからtest(任意)に変更して
InstantWP_4.5\iwpserver\htdocs
に入れましょう。

InstantWP_32

wp-config.phpのDB名を変更

wp-config-sample.phpをwp-config.phpに変更し、

config.phpの中身(line21~)

// 注意: 
// Windows の "メモ帳" でこのファイルを編集しないでください !
// 問題なく使えるテキストエディタ
// (http://wpdocs.sourceforge.jp/Codex:%E8%AB%87%E8%A9%B1%E5%AE%A4 参照)
// を使用し、必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存してください。
// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'test(任意)');
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'root');
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '');
/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');
/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');
/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

に変更しましょう。

wordpressのインストール

http://127.0.0.1:4001/test/wp-admin/install.php

にアクセスして、インストールしましょう!
これでInstantWordPressに日本語WordPressを導入する、
複数WordPressをインストールする
ことが可能になります。

まとめと注意

気軽でいいですね!
今度からテスト環境や検証用にはこれ使おうかな!

ちなみに、プリインストールされてる「wordpress」ディレクトリはInstantWP側の動作と関連があるようで、削除するとエラーになりました。
(InstantWPが使えなくなります)
日本語に置き換えて使う分には問題ないのかな??
邪魔臭いですが、wordpressフォルダは削除しない方がよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA