クラウド会計freee Androidアプリの使い方。 確定申告を機に登録してみました。経費入力を妻にお願いするために、操作が簡単そうなfreee アプリを導入して簡易マニュアル作ったよ!

今年こそは確定申告で苦しみたくない!!!

と思いつつ毎年苦しんできた。
どうもRoot-013 藤田です。

毎年ソフトを買わずに国税局のシステムや、やよいの白や、MFクラウドなんかのフリー版を渡り歩いてきた(決してほめられたものではない)僕が、ついに毎月お金を払って導入することを決意したのが freee
でした。
一番使い易かったですね。



知識が無くても簡単に入力できる

クラウドである

アプリがある

を基準に決定したわけですが、個人事業主にありがちな、「家族に経費登録をお願いしたい」というケース。
これを考えてアプリが便利そうなfreeを導入したわけです。

妻に土下座して経費入力を今後お願いするわけですが、

「今年の確定申告はT-REXにしたら?」

という爆弾発言をする程、PCや経理に疎い妻のために、アプリのマニュアルを作りました。

まとめて入力するのなら、PC(Web)版の取引テンプレートがめちゃめちゃ便利なのですが、日々の入力、とりわけ妻にお願いするのはレシート等の現金回りなので、それらはアプリで感覚的に登録可能でした。

白色申告です。

青色を目指そうと思いましたが、控除額と労力が見合いそうにないので当面は白でいく事にしました。

なので、青色の人には参考にならないかもしれません。あしからず。

※また、こちらの記事が元でトラブルになっても責任は負いかねます!

freee android アプリの概要

基本的な流れは、

1.画面右下の(+)をタップ
freee07

2.勘定科目をタップ

3.勘定科目の種類、品目を選択

4.経費や発生日の入力

5.画面右上の「保存」をタップ
freee06

なのですが、注意点があります。

取引行を追加する

『取引行を追加する』をタップしないと、品目が選べません。
なので、品目を入れるつもりなら最初からココをタップしましょう。

freee

freee02

タップすると、品目や備考の入力欄が出て来ます。

free04

口座を選択する

口座を選択しないと、自動的に「未決済」として処理されます。
支払い済みのレシート等は全て「現金」を選択するようにしています。

freee05

交際費の入力

勘定科目 交際費 ・・・
取引先との付き合いで発生した飲食代の他、結婚式のご祝儀や、贈り物なども含まれる

freee

品目も適当なものを選択しましょう。

freee androidアプリの使い方

では、実際にIT系フリーランスの方々が実際に入力することになりそうな勘定科目にて、使い方を説明していきたいと思います。

旅費交通費の入力

勘定科目 旅費交通費 ・・・
品目に電車代等があるので適宜選択しましょう。

freee08

ぶっちゃけ交際費と旅費交通費にあまりパターンがないので自分は品目入れてないです。

水道光熱費の入力

もしかしたら個人事業主にとっては設備関連の経費が一番大切かも!?

勘定科目 水道光熱費 ・・・
※家賃なら「地代家賃」で、品目が「事務所家賃」

電気・ガス・水道の3つは全てここ
按分(家事消費の割合)を設定しているので品目を正しく選択すること

WEB版の方で「家事按分の登録」を行うことができるのですが、
きちんと按分を計算してもらうには、品目を選択しなくてはいけません。

freee09

freee10

WEB系の個人事業主は

仕入れもねぇ!!
外注もねぇ!!
備品もそれほど使ってねぇ!!

オラこんなJOBいやだ~ オラこんなJOBいやだ~ ・・・

という状態の人も多いと思います。
せめて設備系の経費はしっかりあげましょう!(常識的な範囲内で!!)

freee11

消耗品費・新聞図書費の入力

勘定科目 消耗品費・新聞図書費 ・・・
事務用品やパソコン関連のソフトや部品(全部消耗品費)や、書籍(新聞図書費)
品目で「IT機器」「備品」「備品等(消耗品その他)」「パソコンソフト」等を選択

freee12

10万円未満の備品であればPC関連だろうが事務用品だろうが、全て消耗品費になるようです。
品目にも色々種類はありますが、備考欄には任意のテキストを入れられるので、入れておくと後から分かり易そうです。

事業主貸の入力

勘定科目 事業主貸 ・・・
生命保険、住民税、国民健康保険、国民年金等を品目で選択
※税区分は「対象外」が自動選択されます

健康保険や、家族の生命保険をまとめて払っているケースも多いと思います。
そのような取引は「事業主貸」となるようですね。

こちらも、品目で 生命保険料・住民税・国民年金・国民健康保険料立替
等が選択できるので、適切に選んでいきましょう。

freee13

通信費の入力

勘定科目 通信費 ・・・
電話料金や郵便料金が一般的ですが、Web系のお仕事に必須なインターネット回線・サーバー・ドメイン費用等もここに含まれます。
サーバーやドメインも年間で考えると馬鹿になりませんので、しっかり登録していきましょう。

freee14

租税公課の入力

勘定科目 租税公課 ・・・
印紙代や、区役所など公的機関の窓口で支払う手数料など

そこまで大きな金額にはならないかもしれませんが、これらも経費としてしっかり計上していきましょう。

freee15

free アプリの簡易マニュアルです。

ここまで掲載してきた画像はすべてPDFからのキャプチャです。
PDFで見たい方はこちらからどうぞ!

※ご参考までに!

まとめ

以上、クラウド会計ソフト freee の主にアプリの紹介でした。

正直、白色ならソフト入れるまでもないんじゃないかと考えていました。
仕入れがあるわけでもないし、Web系のフリーランスは経費の計算も他業種より簡単でしょうからね。
実際、土壇場でも何とか申告が出来てしまいます。

とはいえ、伸ばし伸ばしで直前で苦しむのはもういやだ!!!
と決心し、家族の協力も得るために、簡単に経費登録が可能なfreeを導入しました。

PC(web)版のテンプレートの使い方なんかも、大変便利だったので需要があれば記事にしたいと思います。
まずはお試し登録で使ってみるのも良いと思います!!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策にご協力ください *

コメントの前にご確認ください。なにか不具合などあればtwitterまでご連絡ください

  • コメントは承認制のため、反映・表示までお時間を頂きます。
  • 具体的なエラー画面などがある場合は画像を添付してください。(1ファイルの上限は2メガバイト・3枚までUP可能です。)
  • メールアドレス等の入力も必須ではありませんので入力の必要はありません。お気軽にどうぞ。(冷やかしは止めてね!)
  • コメントや返信があっても通知は届きませんのでご注意下さい。
  • 忙しい時はレスが遅れることもあります。
  • 実作業は行いません。ご依頼の場合はお問い合わせからお願い致します。
  • コメントの回答による一切の不利益および損害に関し、責任を取ることはできません。(実作業をご依頼いただいた場合は別です。)