【Kaito様】「URL が Google に登録されていません」と表示されます。

Google Search Console(サーチコンソール)で「URL が Google に登録されていません」と表示されるというご相談を頂きました。


WordpressのSEO対策ならRoot-013 Root-013ではWordPress・SEO対策・アフィリエイトなどサイト運営に関するご質問に無料でお答えしております。
WordPress 無料相談 アフィリエイト SEO 無料相談 無料!WPインストール代行・集客サポート

URL が Google に登録されていません

半年ほど前にブログを開設し、少し書かない時期がありましたが現在50記事ほど書いています。現在、訪問率はほとんど0で調べてみるとGoogle検索で繁栄されていないようでした。

グーグルコンソールにてURL検索を試したところ、「URL が Google に登録されていません」と表示されます。詳細からインデックス未登録の理由を調べましたが、自分の知識ではよく理解できません。ほかの方のブログを見ながら初期設定を進め、SEO対策にはAll in one SEOを入れています。
グーグル検索に表示される解決策があればご教授願います。よろしくお願いいたします。

インデックスの確認

貴サイトのURLを拝見しました。Google Chromeでsite:https://【URL】 で検索すると確かに記事数のわりにインデックスが少ない気がしますね。7Pほどしかインデックスされていませんでした。

以下の内容もチェックしてみましょう。

meta robotsの設定

例えばサイトを非公開にしていたり、
□ 検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする
にチェックが入っていないか。

noindex nofollowなどは無かったようですが、一時的にでも
<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow”>
などがあったとしたら(又はそのコードがある状態でキャッシュされていたら)インデックスされない時期があったかもしれません。

サイトマップの送信

All in One SEO Packは導入されているようですが、xmlサイトマップの生成及び送信はされているでしょうか。

All in One SEOにはメタ情報(タイトルやディスクリプション)を設定するプラグインですが、xmlサイトマップ機能はありません。

xmlサイトマップというのは
https://website-homepage.com/site_map/
のような人間用ものではなく、検索エンジンにサイトの情報を分かりやすく伝える構造のデータです。
https://website-homepage.com/sitemap_index.xml

僕が使っているのはAllinOneではなく Yoast SEOで、このプラグインにはxmlサイトマップの機能もあるのです。
高機能・多機能のWordPress プラグイン Yoast SEO

以前使った事があるものに「google xml sitemap」といったプラグインもあります。(※ちょっと古い記事です)
検索エンジン用のサイトマップを生成する「Google XML Sitemaps」でSEO対策!

生成したxmlサイトマップのURL(プラグインによって変わってきます)を設定して送信すれば完了です。
xmlサイトマップ 送信

記事を作成するたびにサイトマップを自動で送信してくれるので検索エンジンにアピールできます。

記事タイトルやテーマ

他、記事を作成する上でのテーマやキーワードについてです。

記事同士のテーマや内容が類似していないか。

ちょっと気になったのは、記事タイトルに似通った点が多いことです。
記事のテーマが類似してしまうと、ある検索ワードに対してどちらか片方しか上位に表示されない恐れがあります。

いくつかの記事で分けで公開する場合は、
1.カテゴリーやタグを設ける
2.親記事を設ける
 ・あるツアーの概要、ツアー内容を紹介したまとめ記事のようなものを作る
 ・その親記事から、各ツアーの詳細記事を相互リンクする
 ・親記事のリンクをメニュー/サイド などから閲覧できるようにする
といった内部の施策を考えた方がよいでしょう。

どんなキーワードで検索して欲しいか。(されているか)

貴サイトのジャンルには詳しくないので何とも言えませんが、
どういったワードが検索されているのか。
自分の記事はどういったワードで検索するユーザーをターゲットにしているのか。
そのワードの組み合わせは月に何件検索されているのか。
そしてそのワードで自分の記事が何位に表示されているのか。

このようなリサーチをしてみるのも良いでしょう。

記事を書いても、それを読みたいユーザーが少ない(記事がたくさん検索されるようなテーマではない)とやはり検索エンジンからの流入は少なくなってしまいます。

目安としてキーワードプランナーや検索サジェストでリサーチするのも良いでしょう。
SEO・ライティング・書き方の初級編。記事を書く際に気を付けたい事とは

検索順位のチェックにはGRCを使っています。無料プランもあるので利用してみるのも良いと思います。(確か3サイト50ワードとかが無料で使えたと思います。変更になっていないかは確認してみてください。)
SEO対策に必須の検索順位チェックツール「GRC」とキーワード調査手法の紹介。
GRC とGRCモバイルの違いやデータ移行方法の注意点

以下、SEO関連の記事一覧です。参考にして頂ければ幸いです。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。