【うめ様】wp-config.phpをアップしたらデータベース接続確立エラー

1月から知人の会社のHP運営を頼まれ、知識ゼロからのスタートでwordpressを触っています。
ダッシュボードにずっと「自動更新できませんでした」という表示が出るのと新規プラグインがインストールできない(「wp-configが見つかりません」と表示される)ことに気がつき、web等で調べたところwp-configを入れ直すと良いというのでmyPHPadminを使ってwp-configをアップロードしたところ、「データベース接続確立エラー」になってしまいました。なお、アップした際にエラー(#1064;写真)がでていましたので、wp-configはアップされていないと思ったのですが。。。
その後、今度はfilezillaを使ってサーバーにアクセスし、wp-configを直しましたが、データベース設定が合わないのか、データベース接続確立エラーは解消しません。
周りにわかる人もおらず、困っています。アドバイスがあればよろしくお願いします。


>うめ様
ご相談ありがとうございます。

wp-config.phpには、データーベース(DB)とサーバー上のWordPressを連動するための情報が入っています。

wp-config.phpは単にUPし直すだけで復旧するものではなく、動作していた時と同じ情報が入ったものをアップしなくてはいけません。

DBへのログイン情報などが記載されているものですが、それが不正なため「DBに接続できない」「データベース接続確立エラー」となっているように思います。

以下、wp-config.phpの中でも特に重要な部分です。(27行~から。 他の部分の記述は多くの場合共通です)

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', '【DB名】');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '【DBユーザー名】');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '【DBパスワード】');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', '【エックスサーバーなら XXXXXXXXXXX.xserver.jp など】');

「ホスティング先から入手してください」と記載がある通り、これらの情報はサーバー運用時に連携されているか、DB作成時にご自身で決めているものかのどちらかだと思います。

この部分を正しく設定し、再度UPしてみてください。


「自動更新ができなかった」経緯が分からないのでなんとも言えない部分もあります。

・もともと旧バージョンなどのWPがあって、その自動更新で不具合が起きたのか
・新規WPインストール/運用で起きた不具合なのか

旧バージョンからのアップグレードの場合、こうした不具合対策として旧データ・DBのバックアップ(ダウンロードしておく)を取ってから作業が行われます。

旧バージョン(動作していた時)のwp-configがないかも確認してみましょう。
参考にして頂ければ幸いです。

おすすめコンテンツ

コメントをどうぞ

  1. アドバイスありがとうございました。
    先ほど、データベース接続確立エラーが解消されました。

    データベース接続確立エラーが出たそもそもの原因は未だよくわからないのですが…
    レンタルサーバーに、独自ドメインの領域と管理用サブドメインの領域があり、私は最初にサブドメイン領域内のwp-configを修正していました。レンタルサーバーのサポートの方に、そこの部分を指摘いただき、独自ドメインのwp-configを修正し(ここもややこしい事情があって少々苦労しましたが汗)、なんとかエラー解消しました。

    初心者でいきなりFTPやphpを扱ったため、かなり疲れましたが、勉強になりました。
    なお、WP自動更新できないエラーはまだ継続中です。状況を整理して、またお世話になるかもしれません。
    以上取り急ぎご報告です。ありがとうございました。

    1. >うめ 様
      コメントありがとうございます。
      ひとまず表示はされたようで良かったです。
      自動更新できない場合、古いプラグイン・テーマなどが無いかも確認して頂くと良いかもしれません。

      1.自動更新前にプラグインを最新に更新(旧ファイルはバックアップ)
      1′.又はプラグインの停止
      1′.又はテーマの変更
      2.WordPress本体を更新
      という形で更新ができるようになったというケースも聞いたことがあります。

      プラグインやテーマは更新が止まっている古いものを使っていると新しいWordPressと互換性が無くなり、不具合の原因となることがあります。
      ただ、プラグインを最新にすることで現在のテーマと合わなくなったりすることもあるので難しいでしょう。
      アップデートの前はやはり旧バージョンをバックアップすることが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントの前にご確認ください。

  • コメントは承認制のため、反映・表示までお時間を頂きます。
  • メールアドレス等の入力も必須ではありませんので入力の必要はありません。お気軽にどうぞ。(冷やかしは止めてね!)
  • コメントや返信があっても通知は届きませんのでご注意下さい。
  • 忙しい時はレスが遅れることもあります。
  • 当ページによる一切の不利益および損害に関し、責任を取ることはできません。