ムームードメインでドメインの取得~DNS設定までの流れを解説します。

ドメイン業者についてご質問を頂くことがありますが、おすすめはムームードメインです。ドメイン取得からDNS設定のフローまでを解説したいと思います。

簡単にフローを説明すると、
1.ムームードメインにユーザー登録
2.ドメイン選択・取得
3.DNS設定
という流れになります。
何度か行うと慣れますが、初めてHPを開設する場合などは色々新しいことづくめで大変ですよね。


WordpressのSEO対策ならRoot-013 Root-013ではWordPress・SEO対策・アフィリエイトなどサイト運営に関するご質問に無料でお答えしております。
WordPress 無料相談 アフィリエイト SEO 無料相談 無料!WPインストール代行・集客サポート

ムームードメインにユーザー登録



まずはムームードメインからユーザー登録を行いましょう。

TOPページの「新規登録」をクリック

新規登録ボタンをクリック

メールアドレスとパスワードを設定して内容を確認し、送信します。

ユーザー登録

登録したメールアドレス宛に、ユーザー登録情報が届くことでしょう。後述するドメイン情報認証にも利用されるアドレスです。間違いが無いように確認し、メールが届くことも確認しましょう。

ドメイン選択・取得

ユーザー登録が済んだら改めてログインを行います。(試したことはありませんが、Amazonアカウントでのログインにも対応しています。)

ログイン

URLというのは基本的に早い者勝ちです。

もし希望のドメインがなければ{希望の文字列}+{.com .net .info}で利用者が居ないドメインを取得することになるでしょう。

ドメインの検索

文字列(半角英数・ハイフン可)を入れて検索すると価格がずらっとでてきますので、購入するものを「カートに追加」します。

既に購入されている場合は「取得できません」となります。

取得できません

ドメインの文字列には以下のような制限もあるので注意しましょう。

例:”ドメイン名は3~32文字(日本語の場合は15文字以内)で入力してください”

ドメインの制約例1 文字数

例:”ドメイン名のはじめに – (ハイフン)は使用できません”
ハイフンは利用できますが、ハイフンで始まることはできません。

ドメインの制約例2 記号始まり

例:”ドメインに使用できない文字列が含まれています”
ハイフン以外の記号は許可されません。

ドメインの制約例3 ハイフン以外の記号

などなど、制約があるので注意しましょう。

注意点・更新費も確認しよう

コスト重視で値段を加味することもあると思いますが、更新費用は必ず確認しましょう。初年度が安くても、更新費が他より高いケースもあります。

更新費の確認

(価格表は必ず公式の最新情報を確認してください)

カートに追加

カートに追加すると、画面が切り替わり、

ユーザー確認 > ドメイン設定 > 連携サービス > ユーザー情報確認 > 内容確認 > 取得完了

の流れで進みます。(ドメインを複数購入した場合は途中のオプション選択などは省略)

ドメイン取得の流れ

ユーザー確認

決済に進む段階でログインが済んでいないとログイン画面になります。

ユーザー確認

【重要 決済情報など】ドメイン設定

WHO IS情報は誰でも確認することができます。なので、個人の方が住所などを公開しなくてもよい様に、「弊社の情報を代理公開する」を選ぶことができます。

ドメイン情報

ネームサーバについては、後から変更できるので取得の時点で決まっていなければ「ムームーDNS」や「今は使用しない」を選ぶとよいでしょう。

DNS

さらに、お支払い・契約年数・決済方法を選択します。

カードの場合はここでカード情報を入力します。

決済情報

その他内容を確認し、次のステップへ進みます。

連携サービス

連携サービスでは、ヘテムルロリポップ!カラーミーショップグーペなど、他のGMO関連サービスを一緒に契約することも可能です。

連携

特に必要ない場合は最下部までスクロールして次のステップへ進みましょう。

連携サービス

内容確認 取得完了

ユーザー情報確認はログイン状態だとスキップされるはずです。

契約年数やドメインの最終確認を行い、問題なければ規約を確認の上、「取得」します。

内容確認

取得

~~ドメイン取得中です~~

見守りましょう。

取得中

完了画面が出たらドメインの取得は完了です。

取得完了

【重要】ドメイン情報認証について

取得完了画面にも出てきますが、ドメインの情報認証に関するアナウンスがあります。

情報認証

ユーザー登録したメールアドレス宛に、確認のメールが届きます。

メールアドレスに対して最初の1回だけ行われますので、初めてドメインを取得する際は注意しましょう。

このようなメールが届き、リンクをクリックするだけです。

メール認証

DNS設定

ドメイン取得の際に「ムームーDNS」などを選択する部分がありましたが、サーバーが決定したらネームサーバ設定変更を行います。

ログイン後のダッシュボードの左メニューより、「ネームサーバ設定変更」を選択します。

ネームサーバ

取得したドメイン欄の【ネームサーバ設定変更】を選択します。

ネームサーバ設定変更

デフォルトではムームーDNSとなっていますが、他社サーバーでドメインを使用する際は、「GMOペパポ以外のネームサーバを使用する」にチェックをした上で、
ネームサーバ1
ネームサーバ2
ネームサーバ3
・・・(サーバーによって何個設定するかは変わります。)
に設定を行いましょう。

間違いがないか確認した上でページ最下部の「ネームサーバ設定変更」をクリックすると保存されます。

設定の保存を忘れずに

以下、Root-013でおすすめしているレンタルサーバー、mixhostとJETBOYの設定例です。

他にもおすすめのサーバーがあるのでサーバー選びの参考にして頂けると幸いです。

mixhost JETBOYの比較・口コミ評価レビュー

無料で独自・常時SSL 低コスト これからWordPressでHP運用を始める方におすすめのレンタルサーバー比較

mixhostの例

高速・低コストでおすすめのレンタルサーバー、mixhostの例はこちらです。

mixhost 独自ドメインの設定 ネームサーバ

ネームサーバー1 ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2 ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3 ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4 ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5 ns5.mixhost.jp

JETBOYの例

JETBOYも高速・低コストでおすすめのレンタルサーバーです。

JETBOY ネームサーバーの確認

ネームサーバー1 ns1.jetboy.jp
ネームサーバー2 ns2.jetboy.jp

その他・自動更新設定の変更

ドメインの自動更新を変更したい場合は、ダッシュボードのメニューから「自動更新設定」を選択します。

自動更新

自動更新設定がされている場合は、ドメインの右にカードのアイコンが表示されています。

自動更新

「クレジットカード決済」を「未設定」に変更すると自動更新を解除できます。

自動更新解除

ムームードメインの使い方まとめ

使いやすくてよくおすすめしているのがムームードメインです。

取得~DNSの設定自体は他の業者でもほとんど同じです。

参考にして頂けると幸いです。

セールなどで上手に使うと安さはお名前ドットコムの方に軍配が上がるかもしれません。

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントの前にご確認ください。

  • コメントは承認制のため、反映・表示までお時間を頂きます。
  • メールアドレス等の入力も必須ではありませんので入力の必要はありません。お気軽にどうぞ。(冷やかしは止めてね!)
  • コメントや返信があっても通知は届きませんのでご注意下さい。
  • 忙しい時はレスが遅れることもあります。
  • 当ページによる一切の不利益および損害に関し、責任を取ることはできません。