さくらレンタルサーバーで独自SSLが無料で使えるようになったのでサーバー&WordPressの設定フローをまとめました。

さくらのレンタルサーバーで、独自SSLが無料で使えるようになったので、その設定方法やワードプレス側のSSL対応、リダイレクト、Really Simple SSLプラグインの使い方、アナリティクスやサーチコンソールの設定などについてまとめました。


さくらのレンタルサーバーで、ついに独自SSLが無料で使えるようになりました!さくらサーバーをお使いの方・検討中の方には朗報ですね。

同価格帯のレンタルサーバーではかなり遅い方でしたね。一時期乗り換えも検討したのですが、初めて使い始めたので勝手知ったるさくらサーバー。

そのうち無料独自SSLに対応してくれるに違いないと思い、待っていました。(まぁ有料とはいえ、さくらのラピッドSSLはかなり低価格なんですけどね。)

無料独自SSL(Let’s Encrypt)の反映も超簡単。

数ステップでSSL対応が完了してしまいます。

これからWordPressサイトを作る方には絶対に無料独自SSLが使えるサーバーをおすすめしています。これでさくらサーバーも選択肢の一つになりました。
低コスト・無料独自SSLでワードプレスを始めるのにおすすめのサーバー

さくらサーバーで無料独自SSLを設定



さくらのレンタルサーバ スタンダード

さくらのコントロールパネルにログインすると、ドメイン設定の名称が

ドメイン/SSL設定 になっています。

コンパネの名称

当該ドメインの証明書列にある「登録」をクリックします。

登録のリンクをクリック

つぎに、無料SSLの設定へ進む ボタンをクリック

有料証明書もこちらから手続きできます。

証明書の概要と流れが表示されます。無料SSLを設定する ボタンをクリック

無料SSL証明書の発行手続きが開始し、メールが来ます。

Lets Encryptについて表示されます。

さくらからメールが来ます。

SSL証明書発行完了

ドメイン設定から、反映されているか確認しましょう。

ドメイン設定

「表示」ボタンを押すと、ブラウザでそのドメインが開き、HTTPSでアクセスします。

ブラウザでチェック

たったこれだけで独自SSLのサーバー側の設定は完了です。

「完全には」保護されていません と表示されますが、既存のコンテンツがある場合、画像パスにhttp://が含まれるため仕方ありません。

SSLサイトでは、全ての内部パスがhttps://になるようにしなくてはいけないからです。

ちなみに、httpのアクセスでは、「保護されていません」という表示でした。

非SSL 保護されていません

新規でワードプレスを立ち上げる場合

さくらのWordPressクイックインストールは、httpしか選択できないようです。

さくら クイックインストール

1.httpでワードプレスをクイックインストール
2.ドメインのSSL設定を行う
3.一般設定でhttpsに切り替えて保存
というフローになるでしょう。

一般設定をHTTPSに

Really Simple SSLで簡単にリダイレクト設定

新規で独自SSLのワードプレスサイトを立ち上げた場合は前述の方法で大丈夫ですが、既存コンテンツがある場合は、画像のパスなども全てhttpからhttpsに置き換えなくてはいけません。

画像のパス置換だけなら『search regex』のような置換プラグインでhttp://site-address.com/をhttps://site-address.com/に一括置換するだけでよいのですが、テーマやプラグインでHTTP接続のURLが残されている場合もあります。

特に、プラグイン側で画像パスを作成するようなものはかなり厄介で、データベースを直接編集する必要が出てくるものもあるかもしれません。
僕の経験談では、ユーザーのアバターを画像アップで変更できる『Basic User Avatars』などは、httpのパスを生成しているのでアラートが消えなくて困りました。

しかし、以下のプラグインではそのようなパスも自動でHTTPSに切り替えてくれました。それが『Really Simple SSL』です。

インストールして有効化するだけでほとんどの場合即座にSSLサイトに切り替わるでしょう。
(有効化前にバックアップなどは必ず取るようにしましょう)

really simple ssl

設定には「SSL」メニューが追加されます。

sslメニュー

Really Simple SSLがやってくれること

Really Simple SSLをインストール・有効化するとこのような画面になります。

SSL化

この時点で一般設定のURLがHTTPSに自動で変更されるため、再ログインを要求されます。

一般設定をHTTPSに

問題なければこのようなメッセージが表示されるでしょう。

SSL化 完了

ではサイトにアクセスしてみます。

保護された接続

保護された接続になっていれば無事SSL対応が完了です。
TOPページ/固定ページ/記事ページ を確認してみてください。

サーバーの仕様によっても変わるのかもしれませんが、Really Simple SSLデフォルトの設定がこちら

セッティング内容

この「混在コンテンツを自動置き換え」にチェックが入っていると、過去の記事にある画像パスにhttp:/があっても、ブラウザで見たときにアラートがでません。

編集画面では画像パスがhttpでも、ブラウザで記事ページをチェックするとhttpsに切り替わっています。

そのため、データベース上はhttpのままです。これが気になる方はやはり「Search Regex」などで一括置換をすると良いでしょう。httpの画像パスが無くなれば、このチェックは外しても大丈夫でした。

301リダイレクトは、httpのアドレスからhttpsのアドレスにリダイレクトしてくれる設定です。自分でやる場合にはhtaccessにリダイレクトの記述を書いたりしますが、それすらも必要ないのです。

https://website-homepage.com/hogehoge https://website-homepage.com/hogehoge

Sが付くかつかないかですが、リダイレクトしなければ上記の2つのURLは「別のサイト」として扱われます。SEO的にも必ずリダイレクトは行った方が良いです。

httpにアクセスし、httpsにリダイレクトされるかもかならずチェックしましょう。

Googleアナリティクス サーチコンソールの設定

忘れてはいけないのがアナリティクスとサーチコンソールの設定です。

HTTPS化は、サイトのアドレスが変わるという事なので、かならず設定変更を行いましょう。

アナリティクス

アナリティクスは、httpをhttpsに切り替える所があります。

管理>プロパティ

アナリティクス01 管理

プロパティからhttpをhttpsに切り替えましょう。

アナリティクスはこれで終了

サーチコンソール

サーチコンソールはアナリティクスのように切り替えることはできないので、新しくプロパティを作る必要があります。

プロパティを追加

httpsアドレスで改めてプロパティを作ります。

httpsで作りなおす

新旧プロパティが残りますが、リダイレクトが上手く行っていればhttpへのアクセスは徐々に減っていきます。

新旧プロパティ

サイトマップの送信もお忘れなく!!

さくらサーバーの無料独自SSL対応の流れ まとめ



さくらのレンタルサーバ スタンダード

さくらもついに無料でSSL対応できるようになりました。愛用しているサーバーなので非常に嬉しいです。

これで、メジャーな低コストサーバーではほとんどが無料独自SSLに対応したといっても良いのではないでしょうか。
こちらに各社サーバーをまとめています。参考にして頂けると幸いです。
無料独自SSL 低コスト これからWordPressでHP運用を始める方におすすめのレンタルサーバー比較

既存のコンテンツが大量にあるとついついSSL対応にもしり込みしてしまいますが、プラグインで補完できる部分もあるので導入もかなりハードルが下がるかもしれませんね。

これからWordPressを始める方に向けて無料の質問掲示板も始めました。初心者歓迎なので是非お役立てください。

WordPressに関する無料相談はこちらから掲示板にコメントをしてください。
WordPress無料相談 質問を受付中です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策にご協力ください *

コメントの前にご確認ください。なにか不具合などあればtwitterまでご連絡ください

  • コメントは承認制のため、反映・表示までお時間を頂きます。
  • 具体的なエラー画面などがある場合は画像を添付してください。(1ファイルの上限は2メガバイト・3枚までUP可能です。)
  • メールアドレス等の入力も必須ではありませんので入力の必要はありません。お気軽にどうぞ。(冷やかしは止めてね!)
  • コメントや返信があっても通知は届きませんのでご注意下さい。
  • 忙しい時はレスが遅れることもあります。
  • 実作業は行いません。ご依頼の場合はお問い合わせからお願い致します。
  • コメントの回答による一切の不利益および損害に関し、責任を取ることはできません。(実作業をご依頼いただいた場合は別です。)