おすすめレンタルサーバー mixhostの進化が止まらない!機能・性能強化の推移をまとめました。

2018年7月30日 レンタルサーバーmixhostでまたまた機能強化が行われました。

僕もアフィリエイトサイトなどで愛用させてもらっていますが、性能強化が頻繁に行われているmixhostの履歴を振り返ってみました。

今後にも期待が持てるサーバーで安定感もあるのでおすすめですよ!

競合としてよく出るのはJETBOYやエックスサーバーではないでしょうか。これらとの比較なども合わせてご紹介したいと思います。

mixhostを使って1年近くになります。これまでも使い方の解説記事などを書いてきたので興味がある方はご覧ください。
mixhost評価レビュー。WordPressインストール・メール設定・ドメイン設定など使い方

mixhostの性能強化履歴

出典:mixhost.jp

僕は2017年にmixhostを契約しました。当時はエコノミープランというプランも存在したのですが、現在は廃止されました。

もうすぐ1年になりますが、その性能強化には目を見張るものがあります。

2017年07月

mixhost
SSD容量
エコノミー
10GB
スタンダード
20GB→30GB
プレミアム
40GB→48GB
ビジネス
60GB→72GB
ビジネスプラス
80GB→96GB

ちなみに、2017年7月はエックスサーバーでも新規受付にオールSSDの環境を提供し始めた月でもあります。(既存のサーバーも順次SSDに変更)
当時はそこまでSSDサーバーも浸透しておらず、「SSDねぇ。容量少なっ!」という印象を持つ方も多かったかもしれませんね。

2017年12月

エコノミープランが廃止となり、エンタープライズが追加されます。

HTTP/2以上の表示速度の向上を実現するQUIC(Quick UDP Internet Connections)の導入など、容量・性能以外の部分でも機能を強化していきます。

mixhost
SSD容量
スタンダード
30GB → 40GB
プレミアム
48GB → 60GB
ビジネス
72GB → 80GB
ビジネスプラス
96GB → 120GB
エンタープライズ
160GB
mixhost
CPU / メモリ
スタンダード
2コア / 1GB
プレミアム
3コア / 2GB
ビジネス
4コア / 4GB
ビジネスプラス
6コア / 8GB
エンタープライズ
8コア / 16GB

2018年5月

SSD容量だけでなく、CPU(仮想)/メモリ 転送量も強化されます。

mixhost
SSD容量
スタンダード
40GB → 50GB
プレミアム
60GB → 80GB
ビジネス
80GB → 120GB
ビジネスプラス
120GB → 160GB
エンタープライズ
160GB → 200GB
mixhost
CPU(仮想) / メモリ
スタンダード
2コア/1GB → 3コア/2GB
プレミアム
3コア/2GB → 4コア/4GB
ビジネス
4コア/4GB → 6コア/8GB
ビジネスプラス
6コア/8GB → 8コア/16GB
エンタープライズ
8コア/16GB → 10コア/32GB
mixhost
転送量
スタンダード
1TB/月 → 2TB/月
プレミアム
1.5TB/月 → 4TB/月
ビジネス
2TB/月 → 5TB/月
ビジネスプラス
3TB/月 → 6TB/月
エンタープライズ
4TB/月 → 7TB/月

2018年7月

そして2018年7月 またも性能強化が行われます。

mixhost
SSD容量
スタンダード
50GB → 60GB
プレミアム
80GB → 100GB
ビジネス
120GB → 140GB
ビジネスプラス
160GB → 180GB
エンタープライズ
200GB → 240GB
mixhost
CPU(仮想) / メモリ
スタンダード
3コア/2GB → 3コア/4GB
プレミアム
4コア/4GB → 5コア/8GB
ビジネス
6コア/8GB → 8コア/12GB
ビジネスプラス
8コア/16GB → 10コア/16GB
エンタープライズ
10コア/32GB → 12コア/32GB
mixhost
転送量
スタンダード
2TB/月
プレミアム
4TB/月
ビジネス
5TB/月 → 6TB/月
ビジネスプラス
6TB/月 → 7TB/月
エンタープライズ
7TB/月 → 8TB/月

といった形になっています。驚きの成長具合ですね。

1年間でどれだけ増えたのかというと・・・

mixhost
スタンダード
SSD容量
20GB → 60GB
CPU / メモリ
2コア/1GB → 3コア/4GB
転送量
1TB/月 → 2TB/月
mixhost
プレミアム
SSD容量
40GB → 100GB
CPU / メモリ
3コア/2GB → 5コア/8GB
転送量
1.5TB/月 → 4TB/月
mixhost
ビジネス
SSD容量
60GB → 140GB
CPU / メモリ
4コア/4GB → 8コア/12GB
転送量
2TB/月 → 6TB/月
mixhost
ビジネスプラス
SSD容量
96GB → 180GB
CPU / メモリ
6コア / 8GB → 10コア/16GB
転送量
3TB/月 → 7TB/月
mixhost
エンタープライズ
SSD容量
160GB → 240GB
CPU / メモリ
8コア / 16GB → 12コア/32GB
転送量
4TB/月 → 8TB/月

かなり強化されていますね!!特に上位プランの強化は驚くべき数値です。

NEW! 2018年9月

2018年9月 新規ホスティングサービスである「カラフルボックス」の容量アップを皮きりに両社が競い合うように性能強化戦争に突入します。

このアツい戦いの様子はこちらの記事でご紹介しています。
SERVER WARS
【SERVER WARS】カラフルボックス VS mixhost 性能強化戦争!

カラフルボックス
SSD容量
BOX1
30GB → 変化なし
BOX2
60→100GB→150GB
BOX3
90→150→200GB
BOX4
100→200→250GB
BOX5
120→250→300GB
BOX6
140→300→350GB
BOX7
180→350→400GB
BOX8
240→400→500GB
mixhost
SSD容量
スタンダード
60→120→120GB
プレミアム
100→240→250GB
ビジネス
140→280→300GB
ビジネスプラス
180→320→400GB
エンタープライズ
240→360→500GB

2028年予測

この調子でいくと10年後には最安のスタンダードでさえ・・・

mixhost
スタンダード
SSD容量
1年で3倍 10年で30倍の 20GB → 600GB
CPU
1年で1.5倍 10年で15倍の 2コア → 30コア
メモリ
1年で4倍 10年で40倍の 1GB → 40GB
転送量
1年で2倍 10年で20倍の 1TB/月 → 20TB/月

こいつぁとんでもねぇモンスターマシーンだぜ!!!
mixhostさん期待してます!

mixhostとJETBOY、エックスサーバー(wpX)の比較

冗談はさておき、これまではmixhostをおすすめする際に競合サーバーとしてJETBOYを挙げてきました。

2018年にサービス開始した株式会社カラフルラボのホスティングサービス、レンタルサーバー「カラフルボックス」もかなりmixhostに近いスペックを持っており、性能強化も行われています。
高性能SSDレンタルサーバー 「カラフルボックス」を利用したレビュー mixhost JETBOYと比較

 初期費用(円)月額(円)ディスク容量(GB)CPU / メモリ想定PV/月
※月額料金は各社の長期契約で最安値となる価格を表示しています。月単位の契約の場合はこの限りではありません。
※2018.5.28 mixhostの性能強化
※2018.7.30 またmixhostの性能が強化
※2018.9.26 またmixhostの性能が強化
※2018.9.28 またmixhostの性能が強化
JETBOY
ミニSSD
1000
500
29051コア / 512MB5万
JETBOY
ファーストSSD
1500
750
580202コア / 1GB50万
mixhost
スタンダード
無料88040
>50
>60
>120
>150
2コア / 1GB
>3コア / 2GB
>3コア / 4GB
100万
JETBOY
スタンダードSSD
3500
1750
980403コア / 2GB100万
mixhost
プレミアム
無料178060
>80
>100
>240
>250
3コア / 2GB
>4コア / 4GB
>5コア / 8GB
200万
JETBOY
プレミアムSSD
5500
2750
1980805コア / 4GB200万

しかし、度重なる性能強化によって下位・上位プランにおいてもmixhostの性能・コストパフォーマンスが良くなった感じがします。1年で数回性能強化が行われているmixhost。両方使っている身としてはJETBOYさんにも頑張って欲しいなと思います!
こちらで性能面だけでなく操作性なども含め詳しく比較していますので参考にして頂けると嬉しいです。
【mixhost JETBOY 比較】SSD導入+無料で常時SSL(https)+低価格!

今後は大手かつ老舗のエックスサーバーと比較しても遜色ない性能になってきたのではないでしょうか。

エックスサーバーと言えばWordPress専用サーバー wpX(クラウド / レンタルサーバー)も提供しています。それらも合わせて比較表を作ってみました。
WordPress専用サーバーも最近は選択肢が増えてきたのでこちらも参考にして下さい。カゴヤジャパンやGMOインターネットでもWP専用サーバーを提供しています。
WordPress専用サーバーの比較!WP運用に特化したレンタルサーバーを選ぶメリットとは

比較表

同価格帯のスペックを比較していますが、カラフルボックスとJETBOYにはさらに低価格のプランもあります。

サーバープランmixhostカラフルボックスJETBOYエックスサーバーwpXクラウドwpXレンタルサーバー
2018年8月1日リサーチ 最新情報は公式サイトにてご確認下さい。
2018年9月26日mixhost容量アップ
プランスタンダードBOX2スタンダードSSDx10グレードBプランなし
初期費用無料無料
(1ヶ月契約のみの場合2,000円)
3,500円1,750円3,000円無料5,000円
月額(年契約含む最安表記)880円~880円~980円~900円~1,000円1,000円
SSD容量150GB150GB40GB200GB20GB30GB
メールアカウント無制限無制限無制限無制限なし無制限
ドメイン無制限無制限無制限無制限1個10個
設置WP数無制限無制限DB40個DB50個WP1個10個
転送量2TB/月(平均66GB/日)2TB/月(平均66GB/日)無制限70GB/日700GB/月(平均23GB/日)50GB/日
目安PV100万PV/月100万PV/月50万PV/月
通信プロトコルHTTP/2 & QUICHTTP/2 & QUICHTTP/2HTTP/2HTTP/2HTTP/2
WebサーバーLiteSpeedLiteSpeedLiteSpeedNginxNginxNginx
アダルト可否OKOK
(有料オプション サイトロックCDN必須)
OK不可不可不可
自動バックアップ14日分14日分
遠隔地バックアップ
1日1回サーバー領域のWeb・メール 7日分
MySQL DB 14日分
14日分14日分
復元リストア可能リストア可能リストア可能データ提供有料DBリストア可
データ提供有料

どのサーバーもSSD(従来のHDD・ハードディスクよりも高速化)で無料でSSLを導入できます。この二つはこれからブログ・サイトを立ち上げるなら是非注目して欲しいポイントなのです。

SSL(HTTPS)

2018年7月。ChromeやFireFoxといったブラウザで、非SSLサイトのアドレスバーに警告が出るようになりました。

セキュリティの観点はもちろん、ユーザーに不安を与えてしまう事は明白です。

これは以前から言われていたことで、最終的にはもっと明確な差別化が図られると予測しています。とはいえ無料でSSL対応できるサーバーも増えてきたのでそれほど心配することは無いかもしれませんね。

自動バックアップ

自動バックアップ機能で先んじているのはやはりmixhostでしょうか。

14日間のデータからリストアまで行えるのは親切です。JETBOYは1日1回で保険的なものなので、WordPressのバックアッププラグインなどを利用しています。

エックスサーバー系のバックアップも最長14日間ではありますが、データの提供が有償だったりします。

ちょくちょくあることではない(というか公私ともに一度もリストアや復元が必要な事態になったことはないです。)ため、自動バックアップ機能があれば十分親切ではあると思います。

そもそも自動バックアップ機能は上手く働かないケースもあるので、各社共通で自分でもバックアップを取ることを推奨していますからね。

Webサーバー 通信プロトコル

mixhostは LiteSpeed + HTTP/2&QUIC
JETBOYは LiteSpeed + HTTP/2
エックスサーバーは Nginx + HTTP/2
いずれも、高速化のためのWebサーバー + 通信プロトコルです。

LiteSpeedを100とすると、Nginxが35 Apachは30。これらの3倍程度のスピードが出るというデータがあるのがLiteSpeed Webサーバーなのです。

QUICは現状国内ではmixhostだけが導入している(と思う)通信プロトコルで、さらなる高速化が期待できます。

LiteSpeedの強みやデータについてはJETBOYさんの公式サイトの解説が分かりやすいです。
JETBOY LiteSpeedについて

mixhost スタンダード

ディスク容量だけ見ると
mixhost 120GB
エックスサーバー 200GB

と、少し差があるように思えます。しかし、長年サイトを運用しても10GBに及ぶにはかなりのボリュームが必要なんです。(よほど大きな動画や画像があれば別ですが)

最近思うのは、容量が多くても使いきれないなら、容量が少なくても高速性に優れている方が良い!ということですね。

ご覧いただいているRoot-013は4~5年運営してバックアップ含めてようやく10GBです。

転送量においても、エックスサーバーと遜色ない数値になっています。
mixhost 2TB/月(平均66GB/日)
エックスサーバー 70GB/日

他、エックスサーバー系ではアダルトコンテンツが推奨されていません。wpXでは風俗店やアダルトグッズ、同人系コンテンツの運用自体は禁止されていないのですが、性行為またはそれを連想させる画像・動画を掲載している場合は、禁止事項に該当します。つまり、”もろアダルト”はNGということです。

mixhostやJETBOYは日本の法律さえ守っていれば(モザイクとか)、アダルト作品を紹介するようなサイトでも運営できるということになります。
もちろん他にもアダルトOKなサーバーはあります。こちらでもまとめているので参考にして下さいね。
WordPress・独自ドメイン・アダルトサイトやブログがOKなレンタルサーバーを比較

mixhost公式HPはこちらから
MixHost

比較表に戻る

JETBOY スタンダードSSD

新進のレンタルサーバーとしてはかなり低価格・ハイスペックな環境を提供しているサーバーだと思います。

スタンダードからアダルトサイト運営も可能。低価格290円からSSDサーバーを運用できる点も大いにありがたいです。

他にも低価格(500円以内)でSSDが使えるサーバーもあり、こちらでも紹介しています。
安い!月額100円未満~500円以内!WordPress・独自ドメインが使える最安値のおすすめレンタルサーバー

JETBOY公式HPはこちら
JETBOY

比較表に戻る

エックスサーバー X10



十分すぎる容量に十分すぎる機能。まさに老舗大手でユーザー数が多いのも頷けます。
この価格帯のSSD容量で200GBというのは多分業界最高値だと思います。

ただ、月額900円となるのは3年契約(mixhostもですが)をした場合に限られるため、”まずブログやアフィリエイトを試してみたい”という方にとっては若干ハードルが高い価格帯ではありますよね。僕もさくらサーバーのスタンダード(500円程度)から始めました。

まずは低価格サーバーから初めて、知識や実績がついてから良いサーバーに乗り換えるというのも有りだと思います。

1年契約をしたとしても
mixhost 980*12 = 11,760円
X10 1,000*12 + 初期費用3,000 = 15,000円

エックスサーバーでは2018/8/17まで初期費用50%OFFですがそれでも13,500円
やはりmixhostの方がコスパが良い面もありますね。どちらも良いサーバーなので迷いどころです。

エックスサーバー

比較表に戻る

wpX クラウド

エックスサーバーが提供するWordPress専用サーバーです。2種類あるのでちょっとわかりにくいのですが、どちらもWordPressを動作させることに特化した性能になっており、その分容量などはX10よりも制限されています。

wpXクラウド・・・
1契約1WPでメールサーバーとしても使えませんが、プラン変更が豊富です

wpXレンタルサーバー・・・
1プランしかありませんが10WPまで設置可能で、メールも利用できます。

wpXクラウドは500円から利用できますが、複数サイトがやメールサーバーが前提であればエックスサーバーのX10やwpXレンタルサーバーがおすすめです。

wpXクラウドは最高のプランでは月間2,500万PVに耐える性能を持っているためサイトが育っても乗り換えを考えずに運用していけるメリットがあります。

wpXクラウド

比較表に戻る

wpX レンタルサーバー

WordPress専用サーバーとしては設置数が10までと多く、SSD容量も多めです。

メール機能も使えるため、既存のWordPressをWordPress専用サーバーに乗り換える・まとめるという方にもおすすめできます。

wpXレンタルサーバー

比較表に戻る

mixhostの進化 まとめ

ここまで頻繁に機能強化を行うサーバーはめずらしいと思います。

以前は「サイト・ドメインが無制限でもそんなにたくさんWordPress設置するほど容量がないんじゃないかな・・・」なんて思っていたものですが、そんな心配が吹き飛ぶほどの機能強化が行われたと思います。

あとはLiteSpeed & HTTP/2 QUIC など、他のレンタルサーバーに先んじて最新技術を取り入れる姿勢が素晴らしいですね。

是非お試ししてみてくださいね!

Root-013がリサーチしたレンタルサーバー情報はこちらから

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントの前にご確認ください。

  • コメントは承認制のため、反映・表示までお時間を頂きます。
  • メールアドレス等の入力も必須ではありませんので入力の必要はありません。お気軽にどうぞ。(冷やかしは止めてね!)
  • コメントや返信があっても通知は届きませんのでご注意下さい。
  • 忙しい時はレスが遅れることもあります。
  • 当ページによる一切の不利益および損害に関し、責任を取ることはできません。